カリグラフィー・パラダイス       TOP MAIL

カッパープレート体 説明
カッパープレート体の練習に入ります。
今まで使ってきた先の平たいペン先とは全く形状・使い方が異なります。

アルファベットの形自体は、イタリック体を基盤にしています。
銅版画の製作が盛んだった17世紀、薄い銅板にニードルで文字を
掘るために作られた書体です。
銅=Copper、板=Plate
当時の銅版画の廻り、本や楽譜の表紙などに使われています。
18世紀以降も使われ、日常生活の走り書き用として、
または美を極める装飾文字として二極化していきました。

このページは。。。基本練習1〜5
基本練習6〜8&小文字(i,t,u,w)
小文字練習(m,n,r,v) & 綴り方1
小文字練習(o,a,c,e,x,r,s) & 綴り方2
小文字練習(p,g,j,y,z,q,l,b,h,k,f,d) & 綴り方3
大文字練習(A,B,C,D) & 綴り方
大文字練習(E,F,G,H,I,J,K,L) & 綴り方
大文字練習(M,N,O,P,Q,R,S,T,U,V,W,X,Y,Z) & 綴り方
大文字アレンジ&数字

 カッパープレート用ペンで描く模様はカリグラフィー・テクニックへ!

カッパープレート体に取り組むにあたって

この書体に憧れる人は大変多いと聞きます。ですが、一番難しい書体でもあります。
まさに自分の腕一本で全てが決まるため、他の書体より心身の状態が影響します。
充分な鍛錬が必要で、例えば”2週間後に友達が結婚するからお祝いカードを。。。”というような
短期間の取り組みには全く向きません。
どうしてもこの書体で、と言う場合は形だけ真似て、ボールペン等で書く方がよほどきれいに書けます。

また、長時間の練習で手が疲れてくると、他の書体では根性(?)で乗り切れても
この書体はムキになって続けるほど書けなくなります。
疲れてきたらパッとペンを置いて、目視で練習の経過をチェックして下さい。

ハッキリ言ってせっかちさんより、のんびり屋さんに向いている書体です。

そして、一生懸命練習して身につけても、この書体だけは長い間書かないでいると
腕が落ちてしまいます。
そういう時は下記の基本練習に立ち返るような、まあ、厳しい書体です。

でも、カッパープレート体が書ければやっと胸はって”私カリグラフィー書けるんだ”と言えます。
ぜひ頑張って下さい。

まずガイドシートをつくってみましょう。

1.Xハイトについて
 今までの書体では、基本的に”ペン先の幅幾つ分”という考え方で文字の高さを決めてきました。
 しかし、カッパープレート体では1種類のペン先で様々な高さの文字を書きます。
 ペン先の力の入れ方で決まるわけです。
 ここではXハイトを1pとして練習します。手を動かしていて、どうしてもきついなあ、と言う方は7〜9oに縮めて下さい。
 Xハイトが5o以下になると、今度は難しくなるし、いざ大きめに書きたい時に手が動かないです。

2.文字の傾斜について
 カッパープレート体の文字の傾斜は通常52度か62度です。
 52度が慣れやすいし、アッセンダー、ディッセンダーもXハイトと等間隔で練習すれば良いので、 52度に絞ります。

 何故52度という半端な角度か、と聞かれると困りますが、前述の美を極める派の人々が何度が美しく見えるかと
 探求した成果だと思いますので、素直に52度でチャレンジしてみましょう。


 早速ガイドシートを作ってみて下さい。52度の斜線をつくるなんて面倒くさいなあ、と言う方にはアートカラーから
出ているカリグラフィー用のガイドシートセットがお薦めですが、A4サイズなんで、紙をまめに換えるのが面倒
でしたらB4サイズぐらいでご自分で作られるのをお薦めします(ガイドシート)。

実際に練習する時は、今までと同じで薄手の紙をガイドシートにのせるか、コピーをとって直接書くかお好みでどうぞ。


ペンの使い方
【カッパープレート用ペン先とホルダー】

ペン先はHUNT IMPERIAL101。刻印されているので、すぐ判ります。
針のように先が尖っていますが力を加えると二股にわかれ、
間からインクが出てきます。

ホルダーは海外では色んな形があるようですが、日本で購入できるのは
このタイプです。
オブリーク(oblique=斜めの)ホルダーと呼ばれています。

スピードボールやミッチェル等のカリグラフィー専用のペン先を売っている
お店では、だいたい置いています。
ガイドシート同様、アートカラーからセットでも出ています。

ホルダーですが、写真の通り、持ち手が右側、左側がペン先です。

ペン先は傾斜角度に合わせてホルダーに差し込むのがベストです。

ただし、各自のペンの持ち方でペン先も微調整しなくては、かなり手首をひねって書かなくてはいけません。

下記の基礎練習を進めながら、自分の書きやすいペンの持ち方、ペン先の挿入角度を探る必要があります。
【インクについて】

インクは普段お使いになっているインクや絵の具で問題ありません。

左の写真はペン先にインクをのせた状態でホルダーを裏返しています。
ピンぼけですみません。

赤いラインの範囲にインクをのせて下さい。
今までのカリグラフィーペンと違い、インクを挟むように挿入するというよりは
のせる、という感じです。

この範囲よりインクの量をもっと増やしても減らしても書くことはできますが、
この程度の量を目安にして下さい。

筆を使ってペン先にインクをのせる際は、まわりに気をつけて下さい。
 気づかないうちにインクが飛び散っている時があるので。
【書くときの注意事項】

さあ、ガイドシートを用意した、ペン先もとりあえずはめた、
インクものせた、と準備が整えばいよいよスタートです。

でも下記の点は気をつけて下さい。

1.体はまっすぐ
  今までの書体以上に上体が崩れやすいです。慎重すぎて前のめりにも
 なりやすいので、どうしてもしんどい人はやはり傾斜台を使った方が
 良いでしょう。

2.ホルダーの左側がなるべく真正面にくるよう、ペンを持ってみます。

3.紙から45度あげた状態に。
 ペン先ですが、紙に対して近すぎると力を入れにくい、垂直に近づくほど
 インクがどびゃっと出やすいという難点があります。
 
 ペン先の上部が紙から45度離れている事を目安にして下さい。
 

   

基本練習1
まずはペンの扱いに慣れてみましょう。
52度の傾斜に合わせて上から下へ線を引いてみて下さい。
線の太さは1oを目安にして下さい。

上記で説明したインクの量だとこの程度線を引けます。
右端の線は途中でインクがなくなった状態です。

この時点で下記の点をチェックしてみて下さい。

1.姿勢・ホルダーの持ち方
2.ペン先のはめ方(ホルダーに対する角度)
3.インクの量

特に2.ですが、傾斜に沿ってペン先が理想の太さで二股に開けばOKです。
この3点が揃わないと線は引けません。


本練習2
上から下への太い線に慣れたら下から上への動きになれます。
ベースラインからウエストラインに向かって細い線を出しながら登り、徐々にカーブし、降りるときは
太い線を出します。
この形はとても大切で、”h,m,n,r”等の一部である他、日々の調子を試すのに大切な形です。

この形がきれいに書けなければ、カッパープレート体は書けないと言っていいくらいです。
カッパープレート体に慣れてからも”今日はうまく書けないなあ”と感じたら、無理に先に進めず、
他の基本練習と合わせてこの形を書いてみて下さい。

ペン先のはめ方がわるいのか、持ち方が悪いのか、原因が見つかるはずです。
細い線が出なかったらこの線だけ続けて書いてみて下さい。必ず下から上へ。
何も問題がなさそうなのに、線がかすれたり、太すぎたりしたら、ペン先を眺めて下さい。
先が尖っているため、紙を引っ掻いて繊維がダマになっている時があります。
あるいはインクが固まっているかも。
二本の線が傾斜に対して平行になっているのが良い形です。
さらに上部のカーブ部分が尖りすぎず、広がりすぎずに細い線から太い線へ少しずつ移行して
いることが大切です。


基本練習3
基本練習2の逆です。

ペン先に力を入れてから少しずつ力を抜く事になるので、基本練習2より角張った形になりがちです。
この形をひっくり返したら基本練習2と同じ形になるよう、練習します。
基本練習2・3とも同じ幅でカーブ出来るよう、意識するとよいです。

幅ですが、Xハイトに対してこのくらい、という厳密な決まりはないです。
きれいにカーブでき、二本の線が平行に揃っていれば幅も一定してきます。


基本練習4
基本練習1〜3を充分に行ったら入る練習です。

動きの前半は練習2,後半は練習3です。
この時点で傾斜とカーブの書き方に慣れていれば比較的楽な形です。


基本練習5
基本練習4の逆です。
前半は練習3,後半は練習4の動きです。

太い線を続けて二本引くことになるので、インクの量が少ないと、
途中で切れてしまいます。

上記の練習を時間をかけて充分にこなすと、以降がかなり楽なはずです。
たくさん練習して下さい。

そして練習が終わったらペン先を必ず洗って下さい。
ホルダーの中に水が入ったら、ペン先をはずさないと錆びてしまいます。
”せっかくいい感じでペン先の角度が決まったのに。。。”と思ったら、ペン先がはまっている
位置にカッターで傷をいれるなり、ホワイトペンで印をつけるなり、各自工夫して下さい。