カリグラフィー・パラダイス       TOP MAIL

フラクチャー体 説明
ここではフラクチャー体の書き方を説明をします。

ゴシック体の仲間に入りますが、16世紀後半、ドイツで生まれた書体です。
いわゆる北方ルネサンスの産物です。
現在イタリック体と呼ばれる、イタリアを中心に発達した書体と並んで
この時代の代表的な書体と言っていいと思います。

ゴシック体を勉強してすぐに学んでよい書体ですが、あえて時間をおいてみました。
形は似ているのにゴシック体よりペンの動き方に特徴があるので(特に大文字が)
混乱する可能性があるからです。

一方、大文字・小文字ともアレンジしがいのある書体です。
基礎練習1・2  ”a”〜e”
”f”〜”l”
"m"〜"r"
"s"〜"z"
大文字”A”〜”H”
大文字”I”〜”P”
大文字”Q”〜”Z”
ゴシック体との違い

”Calligraphy”という単語を並べてみました(左:ゴシック体 右:フラクチャー体)。パッと目、似てるような似てないような、という感じです。

練習時の大きな違いが2つあります。

1.ウエストラインの考え方
 ゴシック体では各文字の菱形右角を揃えるためのラインでした。
 フラクチャー体では各文字の天辺を揃えるためのラインです。後者の方がより自由な流れでペンを動かすので、角の位置を揃える
ことにゴシック体ほど神経を使わなくていいです。

2.菱形の書き方
 ゴシック体ではとにかく鋭角にこだわり、菱形も整った形が必要でした。しかし、フラクチャー体での菱形は若干湾曲しています。
 
ありがたいことに(?)、ペン先の角度が45度という点はゴシック体と同じです。
アッセンダー      ペン先2つ半
Xハイト          〃  5つ 
ディッセンダー      〃  2つ半
   
基本練習1
”i”です。上下の菱形がフラクチャー体の特徴です。
ゴシック体にくらべ、長くて湾曲しています。


書き順1 ウエストラインのペン先1つ分下にペン先を45度におき、下方へ湾曲した菱形をつくります。
書き順2 垂直にペンを降ろします。
書き順3 上方が湾曲した菱形をつくります。
動きの基本はゴシック体の"i"と全く同じです。オーバーに表現すると赤いラインの軌道をつくります。
最後にアッセンダー内に緩くカーブしたラインを書きます。

※ 上下それぞれの菱形の短い髭ですが、ゴシック体同様、書きやすくするための補助的なライン
なんで、書かなくてもいいです。


本練習2
”o”です。

書き順1は"a,c,e,g,q"で、書き順2は"b,,p,v,w,y"で必要な動きです。
"o"が書ければこれらのアルファベットもかなり楽に書けます。


書き順1 ウエストラインを始点とし、左側に軽くカーブしたら、垂直に降ります。
      ベースラインよりペン先1個半あたりで右へ曲がります。

書き順2 書き順1の始点にペン先を重ね、緩く右へ張り出しながら書き順1の終点に向かって降りていきます。

※ 書き慣れるまでカーブの膨らまし具合に迷うところですが、書きあがったとき、45度の空間()が
   きちんと残るよう、まずは気をつけてみて下さい。


アルファベット順説明
”a”です。

書き順1 "o"の書き順1参照。

書き順2 ウエストラインから右斜めに降りてから書き順1と同じ書き方をします。

※ ”a”の下半分だけ見ると同じ形になります。
”b”です。

書き順1 アッセンダーラインから細いラインを出しながら垂直に降り、右へ大きく張り出した菱形をつくります。
書き順2 ”o”の書き順2参照。"o"より先を尖らせて下さい。
”c”です。

書き順1 ”o”の書き順1参照。
書き順2 書き順1の始点に重ねて図のようにカーブします。
      ※ 終点の位置に気をつけないと、”e”と区別がつかなくなります。
”d”です。

書き順1 書き出しは”o”の書き順1と同じですが、”b”の書き順1と同じ右に張り出した菱形をつくって止めます。
書き順2 アッセンダーラインを始点とし、左にカーブしてからxハイト内に入ります。後は”o”の書き順2と同様の緩い
      カーブをつくり、書き順1の終点に合わせます。

”e”です。

書き順1 ”o”の書き順1参照。

書き順2 ”c”の書き順2と似ていますが、終点を書き順1の垂直線にきちんとつけます。

※ 右の”e”のように、書き順1の終点で菱形をつくっても良いです。