カリグラフィー・パラダイス       TOP MAIL

イタリック体 アルファベット順説明
 イタリック体は一番使用頻度が高いので、
小文字・大文字の書き方を
アルファベット順に説明しています。


 カリグラフィーペンを初めて使う方は書きたいものから始める
のは難しいので、道具についてを一読していただき、
練習しましょうシリーズを順にご覧下さい。

A〜Dはこのページです。 E〜H  I〜L M〜P Q〜T
Q〜T U〜Z
italic title
A-head 小文字:文字の高さペン先5つ分(Xハイトの領域)
大文字:   〃   ペン先7つ半

※ 手首をひねらず、ペン先
の角度を意識して下さい。
小文字の”a”は一筆で書きますが、順を追って説明します。

1. ウエストラインすぐ下にペン先45度でおき、
右から左に水平にペンを動かします。
2. ペン先の角度を保ったまま緩くカーブをつくりながらベースラ
インにつきます。
3. 細いラインを出しながら右上にペンを動かし、スタート地点に戻り
ます。
4. 文字の傾斜に沿って下に太いラインを下ろし、細いラインを少し右
方向に出して完了です。

※Xハイトの中心(赤の点線)やや上で、カーブ(※3.)と太いライン
(※4.)が交わるように書くと、すっきりした”a”が書けます。
大文字の”A”は3回に分けて書きます(右の”A”参照)。


書き順1 アッセンダーの半分のところからペンの角度を45度入り、左
斜め下へ柔らかい斜線を降ろします。

書き順2 Xハイトの中心部あたりにペンを45度にあわせて置きます。
      アッセンダーの中心部までカーブをえがきながら細いラインを出します。
      そのまま左から右へ横線を引き、後は”A”の右側のラインを完成させます。

書き順3 Xハイトの中心よりやや上で、左から右へ水平線を引きます。
出だしで細いラインをだすのがポイントです。 
B-head 小文字:文字の高さペン先10こ分(アッセンダー+Xハイトの領域)
大文字:   〃   ペン先7つ半


書き方は2種類で、どちらも一筆で書きます。

ここでは基本形(左端)の説明を。

1.アッセンダーラインのすぐ下にペン先45度であて、短い細いラインを引きます。

2.文字の傾斜にあわせ(5度)、ベースラインまで太いラインを降ろします。

3.Xハイトの中心まで2.のラインを下から上になぞります。

4.右斜めに細いラインをだしながらウエストラインにたどりつき、したに向かってカーブを書きます。

5. 最後に右から左へ水平に太いラインを書きます。
大文字の”B”は3回に分けて書きます(右の”B”参照)。

書き順1 アッセンダーの半分のところからペンの角度を45度入り、ベースラインまで降ろしながら、
      鋭角な角をつくり、左から右へ水平にひきます。
      ペンを止める時、少し斜めに細いラインをだしておきます。

書き順2 Xハイトの中心を目安に緩いカーブを作りながら文字の高さまでカーブし、、左から右へ
      横線を引き、高さ3分の2まで小さなカーブをつけます。

書き順3 ”B”の下半分のカーブをかきますが、書き順1の止めとラインをつなげます。


C-head 小文字:文字の高さペン先5つ分(Xハイトの領域)
大文字:   〃   ペン先7つ半
小文字の”c”は一筆でかきますが、書きにくい場合、2回に分けて下さい。

左の”c”は一筆で、右の”c”は2回にわけた場合です。

いずれにしても”c”の頭のラインは水平に、カーブは"a",”o”の丸みとそろ
うように意識して下さい。
大文字の”C”は2回に分けて書きます(右の”C”参照)。
文字の高さはペン先7つ半です。

”C”の書き方は丸っこいのと角張っているのと2種類です。
書き順1と2のそれぞれの始点が細いラインでつながるようにして下さい。
c-head 小文字:文字の高さペン先10個分(Xハイト+アッセンダーの領域)
大文字:   〃   ペン先7つ半
2回にわけて書きます。
説明は左の基本形です。

<書き順1>
1. ウエストラインすぐ下にペン先45度でおき、右から左に水平にペンを動かします。
2. ペン先の角度を保ったまま緩くカーブをつくりながら下のガイドラインにつきます。
3. 細いラインを出しながら右上にペンを動かし、スタート地点に戻ります。
※”a,g,q”と同じ形になるように心がけます。

<書き順2>
4. アッセンダーラインのすぐしたにペン先45度であて、短い細いラインを引きます。
5.文字の傾斜にあわせ(5度)、ベースラインまで太いラインを降ろし、
少し細いラインを出します。
※ 頭は水平に左から右へ
2回にわけます。
書き順1 アッセンダーの中心部から文字の傾斜に沿って図のように書きます。
      終点で細いラインを出しておきます。

書き順2 Xハイトの中心部あたりにペンを45度にあわせて置きます。
      アッセンダーの中心部までカーブをえがきながら細いラインを出します。
      書き順1の終点と合わせます。

      ※ペン先の角度が少しでもずれると最後に繋がらなくなります。