カリグラフィー・パラダイス       TOP MAIL

練習しましょう
ペンの使い方&基礎練習集
ここからカリグラフィーペンの使い方とイタリック体小文字を用いた基礎練習に入ります。
このHPではイタリック体をまず身につけていただくことに重点をおいています。

イタリック体が基礎練習に適している理由は 
  • カリグラフィーペンの特徴であるペン先の太いライン、細いラインのコントラストが交互に解りやすく表現される。
  • ペン先の角度が45度という、取り組みやすい角度
  • 誰にでも読みやすい文字の形、故に年間通して様々な用途で使える書体
  • 大文字・小文字が明確に分かれ、形状からバリエーションも考えやすく基礎練習から応用編にまで利用できる。
といった点が挙げられます。

練習しましょうシリーズでは、イタリック体小文字を書きやすい順に練習していきます。
すでにある程度心得のある方でアルファベット単位で書き方をお知りになりたい
方、大文字をご覧になりたい方はこちらを

 練習しましょう Part.1(初歩練習&i,r,n,m,u,t,o,c,e)
 練習しましょう Part.2(s,v,w,z,x,a,l,d,h,b、k)
 練習しましょう Part.3(g,j,p,b,q,y,u,f)
 練習しましょう Part.4(イタリック体数字)
 練習しましょう Part.5(小文字バリエーション)


インクの入れ方  カリグラフィーで使用出来るペンは何種類もあります。
 ですが、ここではあえてスピードボールというペン先を用いた場合で説明させ
て頂きます。
 水性ペン・万年筆タイプの方は下の説明から読んで下さい。
他メーカーでもインクを補充するペン先を使われる方はこの欄を参考にして下さい。
 
 ペン先の幅は何種類もありますが、”C−2”(3o幅)サイズがお薦めで
す。細い線と太い線をはっきり使い分けるのにこのサイズはわかりやすいです
し、ハガキ大のカード作品に使いやすいサイズです。
 ペン先をホルダーにしっかり差し込み、サイズを刻印した面を上に向けます。
 左の図のように左右両脇からインク及び絵の具を挿入します。スポイト、また
は筆を使って下さい。さらに先端に少しだけつけると書きやすいです。
 直接インク壷にペン先を入れる場合はあまり上のほうまで入れない用にして
下さい。
 ペンをたてた時にインクが落ちるようだと入れすぎです。慣れないとインクを足
しながら書くのは面倒ですが、書いているうちに丁度良いインクの量も解ってき
ます。
(注) おニューのペン先のインクの乗りが悪い時はアルコールで拭いたり、軽く
火であぶったりしてみて下さい。金属の表面の塗料をとります。


ペン先の角度  ペン先の角度は書体によって変わってきますが、まず横の線に対して45度にペン
をおきます。
 ペン先の角度が決まればどんなアルファベットでも、または大文字小文字に関わら
ず、基本的には角度が変わることはありません。
 この時細い線が出ずに太くなる時はペンを寝かせすぎているかインクが多すぎるか
です。
 





※ ガイドラインとは?
 ペン先45度で書いたイタリック体です。
カリグラフィーでは小文字の"x"の高さを基準にし、
この高さを”Xハイト”と呼びます。

 ”x”より高い文字(例:h,k,l)の目安を”アッセンダー”、
下にのびる文字(例:g,j,p,q)の目安を”ディッセンダー”と呼びます。

 イタリック体の"f"はアッセンダー〜ディッセンダーまで使います。

 それぞれの高さがペン先5つ分3mm×5(1.5p)になります。
 斜線aは前述のペン先の角度(45度)を示します。
 斜線bは文字の傾斜を表します。
イタリック体の場合、5度〜7度に右に傾きます。
 今回は斜線bを5度にしています。

 左の図からそれぞれの文字の出だしをみていただくとペン
先45度、"i","l","f"を観ていただくと縦に降ろす線が5度に
傾いているのがわかると思います。
 


 カリグラフィーに慣れるまでペン先の角度と文字の傾斜の使い分けに混乱する時がありますが、
常にXハイトの2本のガイドライン中ベースライン(下の線)に対し、ペン先の角度は45度になっているか、
ウエストライン(上の線)に対し、文字の傾斜が5度になっているか目を配ると確認しやすいです。

 具体的な練習を始める前に上の図の実線部分(1.5p幅のガイドライン、斜線a,b)だけを紙全面に引いて
ガイドシートをつくると良いです。 
ガイドシートの上にもう一枚白紙の薄い紙を置きます。または練習分、ガイドシートをコピーして下さい。

※ 道具について参照

練習1  左はまず最初にトライして頂きたい練習です。

 最初にペン先を45度にあわせ、右上に直線を引きます。
 角度を保っていると斜線aと平行になります。
 そのまま斜線bと平行にペンを降ろします。ペン先の幅の太い線がでます。

 これを繰り返すとそれぞれの角が常に同じ角度のギザギザが出来ます。

 これが案外難しいので充分時間をかけてひたすらこれだけ書くことをお
薦めします。この作業でかなりペンに慣れることが出来ます。

 面倒くさいですが、無理にアルファベットを書こうとすると逆に長続きしな
いようです。

 ペン先の角度が紙上できまったらペンと自分の指先が繋がっているイメージ
で書いてみて下さい。
つい指に力が入ってペン先の角度を無意識に変えたり、手首から先だけで
書こうとするととても疲れます。

姿勢を正しましょう  リラックスして楽しく練習するためにもぜひ姿勢を正して書いて下さい。

私など未だに文字の傾斜にあわせて体が傾いている時がありますが、自分なりに
納得出来た時というのはだいたい姿勢を正してスッと集中出来たときです。

 首が疲れやすい人は左の図のように厚い本を重ねてベニヤ板を斜めに置いて下
さい。頭をさげなくて良いので、かなり楽になります。