リトル・ギャラリー 季節のカード・その他

カリグラフィー・パラダイス MAIL

春のカード   母の日   父の日   敬老の日   その他カード("Congratulations"etc.)
<2010年4月>

春のカード、
シンプルな枠飾りを使いこなしましょう!

と言っても、ちょっとしてポイントだけですので
今回は
カリグラフィー・テクニックのほうはなし。
お気軽に枠あKざりにチャレンジして下さい。




左下の枠飾りは、スピードボール&ゲルペンの
2本を持って書きました。

ある程度等間隔で書ける感触を得たら、
リラックスして書いて下さい。

左のカードの内側。
上側には”T”と、エンボスの花柄だけが
書いているのがお分かり頂けるのでは。
ゴシック体


シンプルな渦巻きを配していますが、
紙の色と文字色が変わると雰囲気も変わる、ということ、
ある程度間隔を決めれば
同じ模様を繰り返し書けます。


カロリンジャン体体


ごく基本的な枠飾りですが、
違うペン幅を合わせて同じ動きをすることで、
ボリュームが自然と増します。

イタリック体



この枠飾りは、淡いクリーム色の上にブラウンで書いています。
この写真では分かり辛いですが。
色が濃くなり過ぎないようししたい時、お勧め。
ローマ大文字体
          

シンプルなミニカード。春何で(*^_^*)
ローマ小文字体


<2009年3月>

お祝いカード特集です。
必ず”Congratulations”を書いています。

撮影には、この時期登場して頂く
わたくしお手製の若夫婦&メイド3人組に
参加して頂きました。


制服のある学校を卒業する方への
ポチ袋を作りました。

この文字部分は内側です。

折り方は、決して複雑ではないので、
ご関心のある方は
カリグラフィー・テクニックをどうぞ!

イタリック体
セーラー服型に仕上げてみました。

予め制服のデザインが分かっていれば
なるべく色や襟・ポケットの形など
似せて作って頂けると嬉しいです。
大学の合格祝い用です。
”university”と”universe”を掛けてみました。

2つ折りカードですが、表面は
下記写真の3枚重ねです。

黒い紙は”星物語”という銀の点描が入っている
紙の種類です。

青い紙に見える小さい点点は、人間が打ちました。

イタリック体&ローマ小文字体
お友達の新しいビジネスのお祝いを
想定して書きました。

下側に貼っている金のレース状のテープは
100円均一で買いました。

スピードボール”C−1”から”C−5”まで
使っています。

ゴシック体
表側はシンプルなカードです。

華やかな雰囲気が欲しければ、
ちゃんと季節に合った柄の千代紙を貼ると
良いかと思います(間違っても紅葉柄などは×)。
スピードボールC−5で、”御祝”と書いてみました。

カリグラフィーペンで漢字をただ書くと、
野暮ったくなる危険があるので読み易さより
洋風(?)なアレンジを加えたデザインが
お勧めです。
立体ポップカード風の仕上げです。出産祝いです。
卓上に飾っても、
額装してもいいかと思います。
お内裏様&お雛様の衣はカラートレーシング
ペーパーを使っています。

下には写真じゃ見辛いですが
"Congratulations on the new addition to your family"
と書いています。

スクラップブッキング用の台紙を使いましたが、
少し絵の具を弾くので2,3回上書きしました。
この手の紙はペン先に慣れている人向きかも。

イタリック体
小学校入学祝いです。

これまた見辛いですが
"Congratulations"の下には
" on your admission to elementary school"
と書いています。

上の出産祝いとこの文章は
"CNN ENGLISH EXPRESS"2008年12月号を
参考にしました。
特集は”グリーティングカードに託す心のこもった
英語表現”です(このテーマを見て即買い)。


フラクチャー体&カッパープレート体
花びらが散ったような模様が入った紙は
”切込切紙”の桜柄です。

この紙とミューズ・コットン紙に大きめの
桜をエンボスしました(写真左端参照)。

コットン紙は名前のごとく、エンボスする際の
当たりが柔らかくてふっくら仕上がりますが、
少し厚みがあるので焦らずじっくりと作業して下さい。

桜の形が手に触れた時の感触も
楽しんで頂きたいデザインです。



<2007年2月>



ひな祭りをイメージした作品2種。
春らしい雰囲気を意識して作ってみました。

今回はふかふかした紙を飾りに使っているところが
ポイントです!





まず細長いカードから。
左の写真は仕上げた状態。

頭文字はゴールドにほんの少しホワイトを混ぜて書いています。

ローマ大文字体&小文字体
”H”拡大。

桃の花を描いてみました。
C−3を使っています。

ちなみに文字はC−1です。
このカードの内側。
洋風のお内裏さま、お雛さまです。

顔はミューズから出している”ふかふかpaper”使用。
襟飾りは100円ショップで買ったレース。
台紙に使った紙、オレンジのチョウチョ柄が入っています。
”切紙入紙”という種類ですが、他にも数種柄があります。

”H”と同じ金色を使ってC−5で年月日を書いていますが、
和紙なのでインクは滲み易いかも。
それと繊維が毛羽立ちやすいので、ペン先は常にチェックして下さい。

下側 ゴシック体


こちらは雛壇風カードを伸ばした上体。
カレンダーとして一月だけですが、飾れるようにつくってみました。


月名はC−1のペン先で。

後は全てC−4で書きました。


強い色は使わないように気をつけて、優しい感じで
まとめました。





イタリック体
うさぎの顔と同じ”ふかふか”を花びらに使っています。
ひな祭りと言えば、桃の花。しかし、100円ショップで購入した
布テープをどうしても使ってみたく、この梅柄に合わせています。

内側はラメ糊で細く線を引いています。

少しでも桃の花っぽく仕上げたい方は花びらの先を少し尖らせると
良いですよ。でも恐らく梅か桜かわからない、と思われやすいので
あまりリアルさには拘らないようにして下さい。
このカードは立体的に飾ることも出来ます。
全面マーメイド紙で作成したので、丈夫です。

年に一回大活躍のお二人に登場して頂きました。

雛壇の所定位置まで登ろうとしているのに、
お内裏さまがのろくて、お雛さまから怒鳴りつけられている図。

しかし軽くて不安定ではあるので、内側と背中に重しを
置くことをお進めします。

牛と豚で押さえてみました→
豚さんは良く見えていませんね。。。
折り畳んでいるところ。一応三つ折りカードです。
ちょっとかさ張りますがね。

主役の2人はセレブで非力なので、
肉体労働は牛さん任せ。
無事に折り畳み作業が終わり、ホッとしている図。

縮緬布製テープで縛っております。




この作りは何もひな祭り時期だけでなくても応用できると
思いますよ!


<2003年2月>
ミニ屏風でひな祭り!

手持ちの雛人形に合わせて
ミニ屏風を作ってみました!
和紙で作ると結構和風になります。

写真の雛人形は以前も登場した、昔
紙粘土で作成したものです。

五人囃子を作りかけて挫けました。

ゴシサイズド・イタリック体、アンシャル体
一度折り畳んだものを無理に伸ばしているので
ちょっと見づらいですが、和紙に書いてみました。

和紙は滲みやすく、ペン先がどこで引っかかるかも
判断できないので、いっそ気楽に書いてみた方が
楽しめると思います。
左の桃(?)柄は文字が全て書き終わってから滲みが
酷い箇所中心に描いています。

文章はマザーグースの”My Little Pink”。
作り方は簡単なので、ここで説明します。

上の4枚の白い紙は台紙になります。

作品は先に書き終わっちゃって下さい。

赤い紙は裏紙です。
一番最後に
表の縁飾り用に適当に裁断して張り合わせました。
作品を裏返し、台紙を貼っている所です。

台紙の貼り方だけちょっとしたコツがあります。
折り畳んだ時に裏表の紙が突っ張らないように台紙と台紙の間に必ず隙間をつくります。

今回使用した台紙は厚さがミリもないので、
2ミリあけました。


<2002年2月>

熱いご希望にお答えし、カッパープレート体を始めるにあたり、
春の詩を書いてみました。
トマス・ナッシュというシェイクスピア時代の劇作家の作品の
一節です。

2羽の鳥もカッパープレート専用のペンで描いてますが、
本当は別のペンの使い方でもっとゴージャスに描きます。

亜流ですが、文字の練習に疲れたときなど、描いてみて下さい。

カッパープレート体

<2001年2月・春のお便り>

初春向きのカードです。
”Spring has come”と円で囲んでいる春の詩の一節はカリグラフィーペン
で書いてますが、チューリップは茎が3ミリ幅のペン、葉と花は平筆を用いて
います。
平筆の基本的な使い方はカリグラフィー・テクニックへ

使用した絵の具はガッシュ(不透明水彩)です。
アンシャル体、ハーフアンシャル体、イタリック体
お引っ越し通知です。
マーカーペンのみ使っています。

新住所の部分は日本人同士だったら漢字がいいだろう、ということで
カリグラフィー部分を書いた紙をスキャナーで読み込んで画像加工ソフトや
ワープロソフトで内容を組み合わせるのが楽かもしれないです。

住所を囲む枠は春らしく花柄です。
ハーフアンシャル体、ゴシック体

<2000年3月>

卒業シーズン用のちょっと乙女チックなお祝いカードを作ってみました。

ガッシュ(不透明水彩)を使ったのですが、淡い色合いなのでうまく
スキャニングできなかったです。

最近、ネット上にのせて観やすいものと観にくいものがあるとわかってきました。
絵の具に光り物(金や銀)、あるいは白を多用した淡い色彩を使うとスキャナーでも
デジカメでも実物とかなり違ってしまう、という感じです。
なるべくここでは観やすい作品を載せられたら、と思っています。
イタリック体


母の日
<2014年 5月>


母の日用はカードかプレゼントのラッピング用のサンプルが多いですが、
今年は額装用です。

上記写真はB3の紺色の紙にA4の作品を2枚並べただけですが、
こんな感じで1つの額装にまとめて飾ると良いかな、と思っとります。


Mother's day calligraphy 2014-1
生徒さんのお1人がこの1月に
ラスベガスの大きなホビーショーを見てきて、
お土産に小冊子を下さいました。

paper creations

季節のカード作りの色んなサンプルが載っていて、
母の日向けの素敵な言葉を見つけました。

「母親が子供の手を握れるのは短いけれど
心は永遠に掴んでいる」
みたいな訳になるのでしょうか。

定番の”Happy Mother'sDay”では足りないな、
という時に長過ぎない良いフレーズだと思います。

今回、色の勉強のために作った作品ですので
色を頻繁に変えて作成しています。

左は37色(白除く)実は使っていますが
元の絵の具は計6色です。

そのせいか色が多くても
とっちらかった(?)感じにはなりませんでした。

使っている書体も多いですが、
講師をしている教室で今教えているものを並べました。

←上から
ヴァーサル※、
カロリンジャン※、
エクスパンディッド※
ラスティック、
フラクチャー、
イタリック、
ゴシック、
ルタンダ※

※印:当サイトでの書き方説明がない書体
Mother's day calligraphy 2014-2
カッパープレート体
上の作品でカッパープレート体だけ
今教えている書体として入り切れなかったので
こちらで使いました。

104という小さいペン先で書いています。

文字部分だけギュッと寄せ、かつ
古い日本の書状に見られるような
署名を重ねるように書いてみたかったので
こんな感じでまとめました。

ドアップは下の写真です。
「人生はじっとしている名詞ではなくて、
たえず動いている動詞です」

英語で伝えるカード&メールのメッセージ
ペトロ・ボン・エッセン著 国際語学社

1部の生徒さんに幾つかの文章を1つ選んで
書いてもらう課題を出しているところで
この文章はその1つです。

出すだけでなく自分もやらないとね、と思いまして。

孔雀はカーネーション柄に変身させています。

色を変える順番は上の作品と同じです。
ペン先と筆と発色が違う確認にもなります。
Mother's day calligraphy 2014-3
<2014年 6月>
カラーチャート

先月(2014年5月)に載せた母の日用作品は
自分でカラーチャートを作る過程で出来た副産物です。

カリグラフィー・テクニックにカラーチャートの作り方を載せています。
使う絵の具の種類は少なくて良い事(色の混ぜ方で沢山色を増やせます)、
チューブから出す絵具の量もほんの少しからのスタートで十分であること。
(各色説明している量だけで下写真3作品、紙並べながら仕上げました)

この2つに気付いて頂けたら嬉しいです(*^_^*)

カラーチャート&母の日作品


カリグラフィー母の日カード2013 <2013年4月>

今年の母の日カードは
各作品どこかに必ず平筆使ってます。

もう少し詳細は、
カリグラフィー・テクニックをご覧下さい。

カリグラフィー母の日カード2013-1
スピードボールC−2で”MOM”と書いてから、
”O”のど真ん中、カッターで切りました。
観音開きのカードです。
(貼り合わせ方は下記参照)

上下のリボンがポイント。
カーネーションは平筆で書いています。
ラスティック体
カリグラフィー母の日カード2013−2 上下のリボンを解いて開いた状態。

砂を使っています。

カッパープレート体
カリグラフィー母の日カード2013−3 もう少し拡大。
”Y”の淡い感じを活かして
カーネーションを重ねています。

”Y”とカーネーションは同じ平筆で書いています。
カリグラフィー母の日カード2013−4 裏側です。左右2枚のカードとリボン2本を
裏で留めています。
カリグラフィー母の日カード2013−5 小さなプレゼント用の包み紙です。

文字はハッキリした色合いで書いたので、
グラデーションの淡いオレンジのリボンで
雰囲気を中和しています(リボンはダイソー)。)

フラクチャー体
カリグラフィー母の日カード2013−6 裏側です。
リボンがなくてもしっかり包めています。
カリグラフィー母の日カード2013−7 開いた状態。
プレゼント用に見立てたリボン柄のブローチ、
あまり厚みはありませんがそれでも
ただ紙を折って包んだだけでは
全体がゴワゴワします。

部分的に紙を斜めに織り込むと、
ふっくら包み易くなります。
カリグラフィー母の日カード2013−8 包み紙全体です。

まず20ミリの大きめ平筆でリボンを書いています。
文字部分は大小とも割ばしで書いています。

あまりお手本がどうの、と力まずに
フワッと書いて下さい。
カリグラフィー母の日カード2013−9 ロウ引きの封筒から透けて見えるカード。
実際お使いになる時は
贈り物と一緒に入れて下さい。

吉祥寺に良く行くので
紐→AVRIL
ロウ引き袋→36です。
カリグラフィー母の日カード2013−10 カードを出したところ。

古びた、でも小汚い感じは
出さないように気をつけました。

カロリンジャン体
(当サイトでは説明ありません)
カリグラフィー母の日カード2013−11 下側の模様が平筆です。

見た目より難しいので、文字部分や
全体の飾り付けはそれほど凝っていません。

ムラサキのリボンとウサギの刺繍パーツはダイソー、
左右の小花(紫陽花?)は生徒さんからの頂き物です。
ゴシック体


カリグラフィー母の日2012-1
<2012年4月>

母の日カードです。
それぞれ枠飾りを施しています。

測りながらの作品制作は敬遠される時がありますが、
枠飾りはペンの特性をしることも出来るし、
同じ形を繰り返し書くことで根気もつきます(^^)

カリグラフィー母の日2012-2 面倒に感じるかどうか、が問題でテクニック的には
シンプルなので、このギャラリー内でコツを簡単に説明します。
枠飾りを先にデザインしておきます。

この手は角のデザインが大切です。
凝るほどに場所を取ります。

ひと角分をあらかじめ決めておいて下さい。
これで1パターン分の模様の長さが見えてきます。

本番の紙にはまず文字を書くこと。
枠が先だと、字をバランスよく納めるのが難しいです。

字を書いて、枠飾りを入れたい位置に一番近い、
1パターンの長さの倍数を探ります。

縦横の長さが決まったら、デザインした通りに
枠飾りを書けばOK!(C−2、C−4)

イタリック体
カリグラフィー母の日2012-3 と、手順を書くと簡単ですが
上記の場合は太線(C−2)が常に外側ですし、
波線は動かし易い方向がカリグラフィーペンは限られます。

必ずまめに紙を回して書き易い向きを確認して下さい。

左は2重の枠飾り。
シンプルですが、内側の枠飾りの位置を
しっかり決めるのが大事と同時に外側の枠飾りがどのくらい
場所を取るか認識することも必要です。

やはり、最初に書く文字に対して余白がたっぷりある
用紙を選んで下さい。

カッパープレート体
カリグラフィー母の日2012-4 最初のサンプルでお話した、”ひと角分”は
このデザインの場合は写真の右下を指します。

デザインした枠飾りの書き方・サイズをそのまま
本番に活かしています。

ペン幅のサイズは一度決めたら、本番で変えないで下さい。
(スピードボール C−2、C−4使用)

一見殆ど差がないペン幅と変えても、
この枠のような細かい作業の連続は寸法が
合わなくなってきます。
カリグラフィー母の日2012-5 カリグラフィーペンで枠飾りと言うと、
上記2種のひし形や波線の組み合わせをイメージされますが、

直線引きにも使えます。
カラス口の経験者は同じ要領で引いてみて下さい。
(左はC−5で引きました)

目盛りの側面が斜めにカットしてある定規を
裏返してからペンを当てて線を引きます。

裏返さないと、絵の具を引きずって
作品を汚す要因になります。

ゴシック体、ローマ小文字体
カリグラフィー母の日2012-6 上の写真にカーネーションの切り抜きが写っていますが、
綺麗に刳りぬけたので勿体なく、
カードの内側で使いました。

右端と底だけ糊をつけ、
お手紙を挟めるようになっています。

取り合えず撮影用に過去の試し書きの
切れ端を挟みました<(_ _)>
カリグラフィー・テクニックのエンボスの方法を見て頂ければ
良いのですが、念のため
手順をささっと説明します。

ヴァーサル体
(サイトで説明していない書体のでローマ大文字体をご参照下さい)
カリグラフィー母の日2012-8 まず文字部分を書き、絵の具(金+微量の白)が乾いたら
トレーシングペーパーを載せます。

鉛筆で枠飾りをエンボスしたいところにラフスケッチして下さい。

”Y”と”T”の一部にリボン飾りを通したかったので
この位置が一番のポイントです。
カリグラフィー母の日2012-9 このサンプルではマーカーペンで実際にリボンを書きました。
(写真右上)

トレーシングペーパーはツルツルしているので、
濃いインクは乾きにくい可能性あり。
カリグラフィー母の日2012-10 トレーシングペーパーの裏に鉛筆の芯をこすりつけ、
ケント紙に転写しました。

写真は、リボン部分をくり抜いたケント紙を文字面の上に置き、
裏面からトランサーで押した後。

写真がクリアでなくて申し訳ないですが、
肉眼ではハッキリとリボン飾りが見えます。



<2011年5月>
母の日カード。

久し振りに少し特殊なカリグラフィーペンを
使ってのサンプルです!。

カリグラフィー・テクニックの
10.バースデイカードをつくる パート2
     (特殊なカリグラフィーペン)

と合わせてご参照を!

私が持っている一番幅広のペン先は
スピードボール
 PEN BRUSH  E3/4(約20mm)
続いて
 AUTOMATIC PEN 6(19mm)
 PEN BRUSH  E1/2(13mm)
 AUTOMATIC PEN 4(8mm)

後は
 COIT PEN 
      N−9(5本線・全幅14mm)
      N−10(両脇細い線に中心8mm・全幅14o)
 AUTOMATIC PEN 9(2本線・全幅6mm)
と変わり種。

もっと種類はありますが、使用頻度は高くないので、
あまりまとめ買いするのはお勧めしてません。
この類のペン先は、線が掠れ易かったり、
扱い辛い面があります。

特にCOIT ペンです。

本番用の紙の下に、雑誌や
沢山重ねた紙を引くことをお勧めします。
(もちろん、他のペン先使用時でも(*^_^*))

右はCOIT PEN N−10を使いました。

イタリック体
カーネーションにE1/2を使いました。
弾むような感触があるので、
それを利用した使い方をぜひどうぞ!



ゴシック体
折りたたんでカード兼封筒です。
”mother’s day”に
AUTOMATHIC PEN 4を使いました。


ゴシサイズド・イタリック体、ローマ大文字体
”A”にE1/2を使いました。
毛のボンボン(写真右上)を100均ショップで見つけてから、
思いついたデザイン。

ヨーロッパでウサギの前足を
ラッキーアイテムにしていたと
本で読んだことがあるからかもしれません。

それがネタ帳によると、
2009年8月に思いついたこと。

それから何度となく、作成しようと
思いつつ、タイミングを逃していました。

思いついた時は、母の日用に使うとは。

ということで、作ることが出来て嬉しい作品。
ローマ大文字体&小文字体


<2010年4月>

半紙と筆を使った
母の日カード集です

プチスクラップブッキングを作りました。

書道の半紙を使っています。
くしゃっとした感じ。弱々しい質感、
でも案外丈夫よ!
という特性を活かしました。

ついでに東急ハンズに置いてあった
和綴じの説明を利用。

4つ穴でしたら、簡単です。
しかし、和綴じは自分の言葉で説明できる程
噛み砕いて解釈できないので、
ここでは説明を省きました。
失礼致します<(_ _)>

下4枚の写真は、思い出のチケット半券や写真を
貼った場合のサンプルです。


半紙のくしゃ感を利用して、
簡単な封筒を作りました。

ハンカチ入れても、現金入れても。


イタリック体
          


右側の紙は、左写真の封筒を開いた状態。
ゴシック体


上の写真の封筒表と”母をデザインしたカード”
カッパープレート体



”M”はひと筆ごとに違う色を重ねています。
これは、紙を変えるとニュアンスも変わるので
色々試されることをお勧めします。

ゴシック体&イタリック体体


上の行の2枚の写真は番外編(?)。裏表撮っています。

ソニープラザでちょっと面白い雑貨を見つけたので。
自分で内ポケットに小物やカード・写真類を入れてデザイン出来る商品です。

私は、実際に外での仕事に必要な小物(インクやペン先など)を入れたくて買いましたが、
取り合えず母の日を想定し、身近なものを入れてみました。

写真の商品は、4つ内ポケットを持っています。
6つポケットがある小物入れ、裏表沢山ポケットがある2穴ファイルなどシリーズであります。

カリグラフィーやっている方で、小さなカードを良く作る方には
作品保存用、アピール用としてもこの手はお薦めです。




<2009年5月>

フェミニン母の日カードと、子供の日用カードです!

母の日用3点は”花を描く”もテーマになっております。

過去説明してきたテクニックを元に今回のお花たちを
描いているので、詳しくは、
過去のカリグラフィー・テクニックもどうぞ!
2種類のバラと、カッパープレート体の
グラデーションがテーマ。

右下のバラはスピードボールC−2使用。
とにかく、いつも花の中心を意識する
ことです。
左上の切り貼りには、実は小さい
ラインストーンを貼っています。
カッパープレート体
チューリップ4本を楕円状に
曲げながら描いています。
平筆使用。

花びら、葉はそれぞれ2色使いです。

リボンにはパールシールを
貼ってみました(勿論100均)。

まず文字を書いて下さいねー!
ラスティック体
母の日パーティー用の
箸袋です。
A4サイズ一枚の紙で出来ています。

まず裏面に相当する側の中心に
文字を書く必要があります。

カーネーションの花びらになる横編は
端から端までギザギザばさみで切って
彩色して下さい。

茎の絵が花の中心からずれない様に!
フラクチャー体



<2008年5月>
エンボスで母の日カード

エンボッシングに関しては
以前カリグラフィー・テクニックの中で説明したので、
今回はこのページ内のみの説明です。ただ、
その時とは違う雰囲気で3作まとめて作ってみました。

母の日用なので、エンボスの主張し過ぎない高級感は
合いやすいと思います。

全体のデザインですが、エンボスは目立たないので、
それでも構わないつもりで作るか、
少しでも気付いて貰えるようにエンボス部分に視線が
行くように工夫するか、どちらか決めてから考えた
ほうがいいかもしれません。


注:エンボス特有の影を小さい画像でも見せるため、
  陰影を濃く処理しています。テーマに合わず
  陰気くさい写真で悪しからず<(_ _)>
右のカードは”MOM”の”O”で遊んでいます。

人によっては懐かしい歯車での模様書き。
歯車3種とペン2種がついて99円でした!

大人でもしばらく遊べます。

そして”K”がつくお名前の母上を想定して
内側にイタリックで”K”。
C−4で書きましたが、エンボス用としては
このサイズが限度かもしれません。

スポンジ・シートと縮めん布を使って
ホワホワに仕上げています。

縮めん布は裏がシールになっていて、100円。
リボンも100円。

下の写真で、カードの上側がスポンジ・シート、
下側が縮めん布の残骸。

ローマ大文字体、ゴシック体、
           イタリック体
”Mother’s Day”の大文字部分をエンボスしています。

”D”の切り方は要注意。
花柄のシールは100円。

カーネーション部分の花びらですが、
ピンクの紙に赤い水彩絵の具を自分で薄く彩色してから
花びら状に裁断しています。

イタリック体

こちらはフルネームの頭文字をエンボスしたイメージです。


ゴシック体でもエンボスが出来ます。

このサンプルはレースペーパーに行っていますが、
紙が薄すぎて一枚だけではあまり綺麗にエンボス
出来ませんでした。
膨らました部分に皺が寄ると言えばいいでしょうか。

ということで2枚重ねた状態でエンボスしています。

その下の怪しげな模様が入った紙は”漆紙”という
名の折り紙です。
和紙や折り紙を多く扱っているお店で探してみて下さい。
柄が全部違うし、見た目より折り易いです。

最後に水引用の紐を紙に通して仕上げています。

レースペーパーと水引用紐は100円均一。
ゴシック体、イタリック体



<2007年5月>

母の日はカーネーションなど花を描き加えることで
優しさや華やかさを表現することが多いですが、
今年のカードは典型的な花輪デザイン、
ちょっと変わったデザインを用意してみました!
平筆でリボンを描き、シンプルな花を描き重ねて
花輪を描きました。

ちょっとしたコツは必要なので、
カリグラフィー・テクニックを観て下さい!

カッパープレート体
ちょっと格好良いお母さん向けに!

台紙の色が濃いので、他のカラーは暗くならないように気をつけました。

格子柄部分は細かくカッターで切れ目を入れ、細い紙を通します。紙の先を斜めに切っておくと、幾分通しやすくなります。

ローマ大文字体&小文字体

ユリの花と花瓶は全て平筆で描きました。
カリグラフィー・テクニックの基本・応用の動きをさらに応用した描き方です。

筆・紙・絵具・筆圧等で描き上がりは異なりますので、絶対に丁寧に試し書きを!

ゴシック体はあまり母の日向きではないですが、清楚な花部分と金文字でお母さん向きにしてみました。

温かみを感じさせるため、オレンジの紙の差し色、金糸、そして金文字を意識して使いました。

これが寒い色、暗い色、銀色などを使ってしまうと同じデザインでもお悔やみ系になりかねないので
やはり寂しい感じの仕上がりにならないように!

ゴシック体

<2006年4月>

今年の母の日カードです。

過去の母の日ネタは割とピンクや赤を使った
作品が多かったので、今年は色味を変えたものも
作ってみました。
母の日に限定しなくても、使えそうな
カードです。

桜草をイメージしてC−2で書きました。

おしべ・めしべはアートフラワー用のを
紙に穴を開けて差し込みました。
(下の写真参照)
イタリック体
こちらは母の日らしいカード。

カーネーションは以前載せた描き方で
評判が良かったものをリメイクして描きました。

文字を円形に書く、隙間を色を塗って埋める
(今回は色鉛筆)というやり方は
決して珍しいレイアウトではない、ある意味
定番ですしペン先に慣れた方には試して
頂きたい方法です。

イタリック体
バリバリビギナーの方にお薦めしたいカード。

小文字の良い練習になります。

それと、上下のチューリップもシンプル。
茎以外は45度で持ったままで描けます。

ただし、写真のように葉を左右シンメトリーに
描きたい場合は紙の方向に気をつけて下さい。
そのままでは描けませんよう!
(上段の場合向かって左側)

イタリック体
最近流行りのリネンを意識した作品。
リネンと言えばお洒落だけど、麻ですよね、麻。


右下の写真のリネン製テーブルセンターを
プレゼント用に簡単につくっています。

A4サイズのレザックを適当に三つ折りにし、
ボタンをくっつけました。

このボタンは裏がシールになっていて
ボタン穴には糸を通しています(クレタケ)。

ただ、無地なので、白のアクリル絵具で
花柄を描いて、ちょっとアンティークっぽい
雰囲気を出してみました。

さらに木綿糸をボタンの周囲に絡めて、
三つ折りの状態で縛れるようにしています。

それに葉っぱ型のサンキューカード(C−3使用)。

一つ一つのポイントは単純な作業ですが、
仕上がると優しい手作り感が出ます。

イタリック体

<2005年4月>

母の日用カードです!

イタリック体の小文字がようやく書ける方、
大文字OKの方まで、アンシャル体でも一枚作ってみました。



右の写真ではハッキリしたピンクですが、
キャンソン・ミ・タント紙の桃色に
ガッシュのホワイトで書いてみました。

カーネーションも全部C−2です。

イタリック体

ハッキリ写せなかったのですが
ピンクとホワイトのグラデーション
(ガッシュ)で書いています。

カーネーションなどの模様は
色鉛筆です。

イタリック体
これはカーネーションに工夫してみました。

C−2で表現できる長方形で花びらを
書いています。

花びらのギザギザは絵具が乾かないうちに
ペン先を立てて書くと楽ですよ。

アンシャル体、イタリック体
イタリック体の小文字だけで
すっきりまとめた分、
飾りつけを可愛くしました。

可愛いものが好きなお母さんには
このくらいぶりっ子(死語ですか?)
して贈ってみましょう。

イタリック体
ちょっと和風チックに仕上げています。
漢字はある程度デザインが決まったら
勢いをつけて堂々と書いてみて下さい。

金の絵具はほんの少しだけホワイトを
混ぜると濃い色の紙によく映えます。

”Congratulations”は朱に少し
金を入れています。

くっついている飾りは市販のもの。



イタリック体
もう一枚シンプルに
”Congratulations”。

こちらは金と銀の光物。
イタリック体に慣れてきた頃の方に
お薦めのデザインです。

この単語は長くて大変ですが
カリグラフィーをやっていると
使用頻度が高いので
慣れておくといいと思います。

イタリック体


<2004年4月>
母の日特集・カードつくってね!

イタリック体を勉強し始めたばかりの人でも
作れるカード、そして現在説明中の
セルティック・ハーフアンシャル体を使った
ケルト風(?)カードを載せています。

もひとつ、最近受けた講習会で作りかけて
仕上げた作品載せてます。
恵比寿社会保険福祉センターで行っている
講習会用につくったサンプル。

”merci!”はイタリック体の小文字を勉強中の
方でも気軽にトライでき、工夫次第で見栄えもします。

ビー球など小物の大半は100円ショップで揃えました。
まず母の日用。
スピードボールC−2で文字もカーネーションも書いています。

使った絵具は赤、青、黄の3原色を混ぜながら使っています。



イタリック体
こちらもC−2で書いています。
お手製2つ折カードです。
4つに区切られた籠に飾っています。

持ち運びの都合上造花を入れていますが、
玄関先にポプリや生花を飾る想定で考えました。
カードの中はカリグラフィーに拘らず手書きで
ホームパーティーに来てくださった感謝の言葉、
その日のメニュー、あるいは具体的な連絡さきなどを
書いたらいいかな、と思っています。

カードの入っている底にはビー球を敷き詰めます。
カードスタンド代わりになります。
イタリック体
ホームパーティやアットホームな披露宴で
ちょこっとお菓子を手渡す時がありますよね。

そんな時カリグラフィーで書いた小さな札を下げると
オリジナリティーが増します。

左はC−3で書いています。


イタリック体
セルティックハーフアンシャル体で作った母の日カード。

カーネーションと枠飾りはケルト風にしていますが、
100円ショップで売っているラメ入り糊を使っています。

この糊は乾く過程で潰れてきてしまうので、時折爪楊枝で
形を整えてあげます。


セルティックハーフアンシャル体
上のカードを開いたところ。
枠の下は写真を貼っても良いのですが、
夕食の支度をするお母さんと待っている子供達を
色鉛筆で描いてみました。

ここには言葉はいらないかな、と思ってます。

ちなみにお母さんがつくっているのはポークカレーでは
ありません。お父さん食べちゃう事になっちゃうんで。


<2003年5月>

シンプルな母の日カードを1枚。

花束に添えてもばっちりです!



アンシャル体・ハーフアンシャル体
マーカータイプのカリグラフィーペンを使っています。
ただし、お花に添える場合は濡れてもにじまないように
耐水性のマーカーを使ってください。

最低でも頭文字”M”と”D”の部分には耐水性が必要です。
普通のマーカーは文字を重ねるときに滲みやすいためです。

カーネーションの描きかたですが、下の”アンシャル体で大きめ作品”
と同じです。(茎は平筆でなくマーカーです)

カリグラフィー・テクニックを参照してください。

母の日カード<2002年5月>
母の日用にカッパープレート体でカードを作ってみました。
と言っても今カッパープレート体を練習している人に合わせて
文字が大きめなので、賞状サイズです。
額装したり、壁に直接貼ったりしてお母さんを驚かして下さい。

お母さん猫が毛糸玉を飲んだら、セーターを着た子猫が生まれた、
というマザーグースの詩を作品化しています。

ちなみに猫の顔はフェルト、体は銀ラメの毛糸をボンドでつけました。

カッパープレート体

<2001年5月>
母の日用ミニ暖簾。
6センチ四方の紙にローマ大文字体を5o幅のペン先で
で1文字ずつ書きました。
ガッシュ(不透明水彩)で書くと、重ね書きが出来ます。

挟んでいる木の洗濯ばさみは100円ショップで買いました。

紙を変えれば、バースデイやパーティーの飾り付けにも
グッドだと思います。

ローマ大文字体

Mother's Day Card <2000年5月14日>

母に送るカードをつくりました。

文字はイタリック体のアレンジで、廻りをカーネーションの
輪で囲みました(全部カリグラフィーペンです)。

紙の上部は鳥が集まっている形を切り抜き、
家の形の台紙にはりました。

イタリック体

父の日
カリグラフィー 変なギルディング−5 <2013年6月>
ある日、カードの左側に”P”とどデカク書いてあり、
金の蔦が絡まっているデザインを思いつき、
無性に作りたくなりました。

しょうがないので父の日用のカードに仕上げました。
(父の日用、サンプルとしては人気ないんです)
フラクチャー体
カリグラフィー 変なギルディング−6 ”Thank You”をパコッと開ければ
何か見えます。

サンプルではフランスの小切手ですが、
家族写真とかもいいなと思いました。

”Thank You”の部分は
筆を使って水でたっぷり濡らし、
カッターの裏やシャーペンの先など
金属の薄い板で少しずつ紙の繊維を剥がせば出来ます。
カリグラフィー 変なギルディング−7 蔦部分up!


少しアンティークっぽい感じを出したかったのです。

<2010年6月>

父の名前を丁寧に書く!

カリグラフィーで丁寧に名前を書いて
差し上げると、とても喜ばれます。

ご自分のお名前が好きでない人ほど
驚いて喜びます。

どんなカードを作って贈ろうか、
とネタに困ったら名前を書いて差し上げる、
これが出来るのはカリグラフィーが書ける
人間の特権です!


左上から時計回りで
カロリンジャン体、ルタンダ体、
ゴシック体、ローマ小文字体、ローマ大文字体、
フラクチャー体、イタリック体3種

上は”Yasuhiro”さんにターゲットを絞って数書体で書いています。

書体が変わるだけで必要な面積や、雰囲気が変わる事がお分かりになると思います。
一番ご本人に合った書体を使うのがベスト。

下は名前を使った作品のサンプルです。

まずはA4クリアファイルのカバー。
ラメ糊で自分の苗字の”M”をデザインしました。
ラメ糊は強く引っ掻いたりしなければ剥がれにくいです。

内側にA3二つ折の紙を入れます。
最終的に”Mikame”と読めるように配置しました。
イタリック体、ゴシック体
折角なので、練習した”YASUHIRO”さんを
ルームプレートに仕上げました。
(黒い紙にガッシュ)

沢山穴が空いた金属の板は
光栄堂から出ています。

大きな画材屋さん等で扱っている
可能性あり。

おもり代わりにヒーリングボールを
下げています。

紐は、アクセサリー用の
革ひもです。

ローマ大文字体

書体練習の合間に試して頂きたいのが、ご自分で文字をデザインすること。
名前のイニシャルはとても良い勉強になります。

下はクリアファイルのカバーで”Y”と”A”の組み文字。
”A”は斜めに倒しているので、読み易さよりは
全体の雰囲気を重視しました。オートマティックペン使用。

下はファイルの中身の議題を変えられるようにインデックス作りました。
4か所に小さな錨を留めています(ブラッツ。先が二股に分かれます)。

この金属のせいで書類が傷つくことが怖ければ、
内側にもう一枚厚手のA3用紙二つ折を挟んで下さい。

カッパープレート体


<2009年6月>

ギルディング糊を使った、ギルディングです。

父の日用の3点ですが、父の日カードは人気がないので
見た目で”父の日”と解るのは避けました<(_ _)>

ギルディングの方法に関しては、
過去のカリグラフィー・テクニックをどうぞ!
写真では分かり辛いですが、
”R”と”C”、雨の筋、アジサイの影に
金箔&色箔を使っています。

大文字部分は直接ペン先に
ギルディング糊を入れて書きました。

ローマ大文字体・小文字体
先日、一寸社発行カリグラフィー・ブックス8”飾り文字”(原田君子編)の一ページに
自分が考えたデザインを載せて頂きました。

カリグラフィーをやっていると、植物と文字が複雑に絡んだデザインに惹かれますが、
1から自分で考えるのは大変です。

そんな時資料になる本ですが、私の場合は、大文字とハート型2つと
蔓草を重ねるだけで何となく複雑に見えちゃうというのを考えました。

考えたからにはサンプル作らないと、ということで作成しました。

模様は本からコピーして模様はトレース、文字はご自分で書いてバランスを観れば
良いので本は買って下さい<(_ _)>

金箔は、余り物の箔を何枚も乗せましたが、結構キチンと貼れます。

勿論、ツルリン、と綺麗に仕上げたい時は糊を丁寧に、箔もリッチに綺麗な一枚を載せて下さい。

蔓草模様は、この手は正式には細い筆とガッシュを使いますが、それなりの鍛練は
必要なので、今回はラメ入りゲルボールペンで書きました。

カードとして差し上げた後は、紙を切ってもらって大判のブックマーカーにしてもらいます!
(紐は何かのお弁当についてたもの)

何故”K”かというと、沢山人の名前をデザインしていると、男性名の頭文字って
”K”,”T”,”Y”が多いな、と何となく気づいたからです。

イタリック体、ゴシック体
わたくしのファミリーネームの漢字と家紋は全く同じです。瓶が3つ。

実際のデザインは、1つの瓶に布か油紙だか巻かれて蝶々結びされた凝ったデザインで、
これには太刀打ち出来ませんから、西洋紋風に、かつシンプルにしました。

瓶はギルディング、周りはガッシュを使っています。
両脇に縁起良くオリーブの葉を描いていますが、これも本来はガッシュで丁寧に描くものです。
今回は取っ付き易いように色鉛筆使ってます。

アバウトな人間なんで、アシンメトリーな瓶ですが(5×7ミリぐらい)、
根気のある人は丁寧にやって下さい。

西洋紋っぽく見せるには色が大事です。基本色は6色。
ゴールド(金)、シルバー(白)、赤、黒、青、緑です。
(創元社「知の再発見双書69 紋章の歴史」)

フラクチャー体

<2008年6月>
袋文字で父の日カード

袋文字の書き方はカリグラフィー・テクニックの中で
説明済みですので、このページでは詳細は
省いております。

と言っても難しい技法ではありませんので
お気軽にお試し下さい。

不透明水彩(ガッシュ)かポスターカラー使用がお勧め。
大文字が内側(C−4)は3色変えて書いていますが、
ベースになる幅広の字(C−1)は白で書いています。

白が半乾きの状態で内側をなぞったので、
少しだけ色がにじんだところとハッキリ見えるところが
あります。

仕上げをどう見せたいかでこのベースの
乾かし具合を工夫してみて下さい!

ベースが乾かないうちになぞる場合の注意事項ですが、
 水っぽい状態ですから、なぞった瞬間と
 乾いてからでは見た目が変化します。

 また、ベースの色のほうだけ目立つ場合もあります。

丈夫な紙を使えば、内側を2,3回なぞっても
堪えてくれますので加減を見て内側をなぞり直してください。

イタリック体
”T”と”Y”だけ袋文字にしています。

これはベースの茶色(C−1)が乾かないうちに
黄色でなぞっています(C−4)。

ガッシュを使っていますが、ただの黄色では
発色が悪いので、上から少し時間の間隔を空けながら
3回くらいなぞっています。

結果、あまり目立ちませんが、ただの茶色い大文字でなく
なんとなく黄色のハイライトが入ったような感じで
仕上がりました(下の写真参照)。

下行の
”Age and experience teach wisdom”
→亀の甲より年の功、だそうで。


フラクチャー体、カッパープレート体

ブックカバー作りました。
ビニールカバーがかかっていますが、何年か前に
100円ショップで”いつか使える”とネタ用に
買っておいたもの。新書サイズです。

パール加工された紙の裏に2か所文字を書いて、
折り返しています。

パール加工された紙は絵の具を吸いこまないので
線のメリハリが出辛く、鉛筆のアウトラインも綺麗に
消えなかったりするので表面はお勧めしません。

裏面は普通に使えます。

しおりを差し込んでレイアウトの完成となりますが、
”Father’sDay”が恥ずかしかったらパール紙を
取り外してもブックカバーとして機能するように考えています。

”homo doctus in se semper divitas habet”
ラテン語でーす。
博学の人は常に自分自身の中に富を持っている。
(岩波文庫赤123−1 ギリシア・ローマ名言集 柳沼重剛著)

下側の写真は袋文字をアップにしました。
見辛いかなー。
ゴシック体、イタリック体




<2007年6月>

エンボスでちょっと品良くカードをつくってみました。

言葉や名前の頭文字をエンボスの対象とすることが多いです。

幾つかコツや段取りを飲み込んだ上で作業しなくてはいけないので、
カリグラフィー・テクニックを合わせてご覧下さい!
名刺入れです。

カリグラフィー・テクニックにも書きましたが、
古い名刺の保存用をイメージしています。
頭文字は実は私めのだんな様ですが。

下記の写真では、私の現在の名刺を
サイズをイメージしてもらう為に入れています。


ローマンキャピタル体
これは父の日をイメージして作成しました。

実際は”Ueda Ichiro”の下にゴシック体の
”Thanksfather’s Day”(”Thanksgiving”に
ひっかけてみました)がチラリと見える程度です。

上がトレーシングペーパー系なので、下の文字が
隠れても見た目が重くなりません。

イタリック体&ゴシック体
お祝いカード。

前述どおり、頭文字をエンボスすることは良く
ありますが、重ねて頭文字だけ蔓草で飾る事も
伝統的な考え方です。

この2つを取り入れてみました。
イタリック体

敢えて実験的に文字部分のデザインは変えずに
雰囲気が全く異なるカードを作成してみました。

”C”を月に見立てて、目線は雲の上を
イメージしています。

台紙のホワホワした和紙は100円ショップで
購入。

イタリック体


<2006年6月>

今年の父の日カードです。

母の日と比べると、作る気がしない方、多いでしょうが
時間に余裕のある方、父親を不憫に思った方は
プレゼントしてみて下さい。


イタリック体小文字を練習の方にお薦め。

文字色は今年の母の日用のビギナー用
”merci,maman”と同じ。

台紙を柔らかい色に変えると雰囲気も異なりますね。

2色の紙を2重に重ねた台紙です。
鋏で切った丸い紙を貼って手作り感を強調しています。

左端に移っている玉と糸は100円ショップで購入。

フランス語で”ゆっくり”、”のんびりと”と言う意味です。
と言う事で柔らかい色合いで仕上げました。

ワーカホリックパパ向き。

イタリック体

お座布団カード。
”F””D”は2色の筆ペンを使って書きました。

作り方の詳細は”カリグラフィー・テクニック”を。

渡した時に”座布団”だと気がついてくれる、
ユーモアが通じるお父さんへ。

イタリック体

”T”、”Y”は筆ペン。

台紙を工夫してみました。

左端は紙を二つ折りした状態で鋏で切りました。
カードを止めている2ヶ所の三角は紙を開いて
カッターで。

ちゃんと定規で測り、鉛筆で薄く線を引いておいて下さい。
切り方を間違えると悲しくなります。

裏側に細く切った赤い紙を貼って見ました。

これはいろんなおとうさんに通用するのでは。

ゴシック体 & ブックハンド小文字体

”T”、”Y”と左下の名前は筆ペンで書いています。

100円ショップで売っていたネクタイ用の細長の
箱を包んでいますが、真ん中を観易くする為、
上下写真はカットしています。

和紙(A4)に書いていますが、小文字部分はガッシュで
書いたら滲まなかったです。

紙をフタにかぶせ、紐で縛っています。
金銀の紙が混ざっているので、この写真よりは
華やかです。下側を2回山折りにしています。

紐は100円ショップで売っていた紙紐とグリーンの
ラフィアを一緒に蝶々結び。

最後に細く三つ折りにした和紙を一縛りして
アクセントにしました。

イタリック体

<2005年6月>

封書をイメージした父の日カードです。

いくつかちょっとしたコツがあるので
カリグラフィー・テクニックもご覧下さい!

下2枚の写真は折り畳んだ後の表と裏です。





イタリック体
紙紐を一巻きしてから、切手をイメージした
手書きシールで結び目を留めた状態です。


実はこの紙紐、今年の母の日にカーネーションを
模った生菓子を母に手渡したのですが、
この紐の色が綺麗だったので捨てずに取っておいたもの。

使えるものは何でも使え!です。


父の日カード<2002年6月>
以前の父の日カードでもご紹介しましたが、筆ペン(ぺんてるのブラッシュペン)
で書きました。イタリック体が書ける方ならチャレンジ出来ると思います。

上にカッパープレート体で”With a Thankful Heart”と書いていますが、和紙の
上に書いたのでとってもとっても書きにくかったです。しかも表はにじみがひどかった
ので、裏に書きました。ペン先に和紙の繊維が絡みやすいので要注意です。

台紙も和紙を組み合わせてみました。
渋いお父さんにどうぞ。ミニ盆栽付き。

イタリック体、カッパープレート体


<2001年5月>

父の日パーティー用の席札です。

お父さん用だけ大きく書いて(3ミリ幅)台紙を王冠風に仕上げ
ました。

他の家族用は2o幅のペン先で小さく書きました。

色んな年間行事で忘れられがちなお父さん、ビッグな席札で主役
になってもらいましょう!

ちなみに席札を挟んでいるカードスタンドは100円ショップで仕入
れました。ローマ大文字体

<2000年6月18日・父の日用>

父の日用のシールをつくってみました。
左は筆で書きました。イタリック体を丸っこく力を抜いて書いてます。
それをスキャナーで読み込んでシール用紙に印刷しました。
右はネクタイを和紙でくるみ(100円ショップ!)、シールを貼った状態です。
ゴシック体とイタリック体を組み合わせてワインラベルをシンプルに書きました。

ボトルには両面シールではってもいいし、ラベルの上から粘着シートをはるのもよいかと思います。

紙質によってはシール用紙に直接書けます。
ボトルにあらかじめ貼っているラベルは”伊東家の食卓”のマネしてアイロンの熱をあててみたけど剥がれませんでした。
ゴシック体


敬老の日
敬老の日用カード(祖母限定の気はしますが)を一枚めでたく売却することとなりました。

カードを売ることもあるのです。
しかし、ここでご紹介するカードは基本非売品です。
売ると決めたからには同じデザインで、サンプルとなるものを作らなくてはならない。

折角なので色味を変えたのが左下写真の左右に写っているカード。
封筒も3枚作ればいいのでしょうが、面倒なんで1つだけ。これもセットにして売却。

トレーシング・ペーパーとゴールドのマスキングテープを使っています。
細い金糸でくるくる出来るようにしてます。

<2005年9月>

敬老のお祝いに2種類作ってみました。
今年は19日が敬老の日ですね。


ちょっと渋めのカードにしてみました!
渋めと言っても暗い感じはお祝いカードには不向きですね。

文字色は赤茶の濃淡で書いてます

稲穂や麦をイメージした模様(縁起がいいので)は
黄緑で書いていますが、紙の色(山吹色のミューズコットン)と
補色関係なので、渋く落ち着きます。

台紙は星物語を使ったので実際にはも少し粒が光ります。
仕上げに紙紐を通してみました。

ハーフアンシャル体

こちらは”寿”を稲穂で編んだようなイメージで書いてみました。
本来内側に点を1つ打ちますが、
そこを英文で補ってみました。

左側にリボンを通し、一回りして結べるようにしています。
(裏もちゃんと切れ目を入れてリボン通してまーす)

ゴシック体



敬老の日カード <2000年8月>

”in Respect for You”(敬意を込めて)
"in"と"for"はC−3のペン先、"Respect""You"はC−2のペン先を使っています。
文字の部分は透明水彩のコバルト・ブルーとクリムソン・レーキを混ぜながら、花はリンドウですが、茎と葉はビリジアン、
花はコバルト・ブルーです。

文字の書き方はゴシック体の書き方を参考にして下さい。このカードでは”R”に少しアレンジを加えています。

濃紺の台紙にカードのサイズに合わせて4つの角にそれぞれ斜線を切り込んでカードを差し込めるようにしています。

花の書き方はそのうちまとめて説明したいと思ってますが、まずはポイントを簡単に。
1. 茎は下から上に描きます。どうしても終点より始点の方が太く、力が入りやすいので、茎や木の枝など先細りするものは
太い方から描いて下さい。

2. 今回、リンドウはC−2だけで描きました。作品にあったペン先を使うよう、必ず試し書きをして下さい。

3. リンドウは葉も花も1本の茎に集中しているので、まず1本茎をかいたら、葉の位置を決め、最後に茎から離れないように
花を描いて下さい。
 実際は上にいくほど花の数はふえますが、実物を意識しすぎるとバランスが悪くなるので、必ず文字とのバランスをチェックし
ながら描き足して下さい。

4. なるべく文字を先に書いて下さいね!
ゴシック体

その他カード



カリグラフィー見本 お祝&アクリル1
<2012年3月>

お祝いカードを中心にご紹介しています。

それとアクリル絵具を使っての作品作りを本格的に説明しました。

カリグラフィー・テクニックで技術的なことは確認して下さい!

カリグラフィー見本 お祝&アクリル2 アクリル絵具で見本を作ろうと準備していた際、
丁度生徒さんのお1人から大量の100均グッズが
送られてきました。

使えるものは遠慮なく使わせて頂きます(^^)

カード左端の白い蔓草模様シール、
水玉布テープ、スパンコール、ハートのシールです。

ストライプ部分だけにアクリル絵具を使っています。
イタリック体
カリグラフィー見本 お祝&アクリル3 こちらは二つ折の色紙です。

大理石模様は自作です。
(元はマーメイドの黒)

若い男性に送ることを想定しました。

赤いリボンで一巻きすれば、
ピシッと贈り物感が出ます。

(リボンとバックルは珍しく100均であらず)
カリグラフィー見本 お祝&アクリル4 開いた状態です。

黒字に太めの筆文字だと男性にプレゼントの雰囲気が
出るかな、と思いました。

細かい字は一部の生徒さん達に頼んで
寄せ書きを埋めるのを手伝ってもらいました。

ゲルボールペンを使っています。


筆記体かな?
カリグラフィー見本 お祝&アクリル5 バラカード。

レースのテープは頂き物の100均。
台紙の淡いバラ柄の紙は、生徒さんからのドイツ土産。

自分がイメージしていたカードの雰囲気に合うものが
集まってきました。

ローマ小文字体
カリグラフィー見本 お祝&アクリル6 ストリングジェルメディウム使用状態ドアップ。

これで花中央のメディウムを固めています。

すいでに花びらと葉の部分にも塗っているので
写真では分かりにくいですが、艶感のあるバラになっています。

最初に字を書きましたが、アクリルなので
何度上から重ねても滲みません。

メディウムを重ねることで発色も良くなります。
カリグラフィー見本 お祝&アクリル7 カッパープレートでちょこっとだけ字を書いてますが、
面全体はカリグラフィー・テクニックにお任せして

このページでは使用状態を載せています。

左端蓋している状態。
カッパープレート体
カリグラフィー見本 お祝&アクリル9 開くとインクが出てきました。
カリグラフィー見本 お祝&アクリル10 しっかり広げると
インク置きになります。

ボトルだけだと倒してしまうことがありますが、
それは大方インク周辺の縄張りを
認識しきっていないから。

このようなものを広げておくと否が応でも
気をつけます。

多少不安定だけど。

写真では鉛筆用グリップを
ペン置きにしてます。滑らず便利(100均)。


<2011年6月>
ブラック&ホワイトと言うテーマで
3月に作成したサンプル。

訳あって(↓)掲載を遅らせました<(_ _)>


お悔やみカードです(”With Sympathy”)。
カリグラフィーをやっている以上、いつか取り上げなくてはいけない
テーマだと分かっていました。

3月は黒白をテーマにサンプルを作らなくてはいけないな、
とうすらぼんやり構想を練っていました。

そんな中起きた大震災。
自然とこのお悔やみカード&封筒のデザインが浮かびました。

イタリック体
ですが、封筒用の紙の上に、一心不乱に
薄墨でユリの花を書いている内(PEN BRUSH  E3/4)、

どこかで洪水のイメージを引きずっているのか、
だとしたら公表して良いものか、と悩みました。

ですが、これは私の内側から湧き上がってきた
今これをつくりたい、という感情と重なっているものです。

震災後、アーティストの表現方法について
色々な意見や対応をマスコミを通して知りました。

やはり、可能であれば表現することが
アーティストの義務であり
生きたい、という本能に近い制作衝動を処理する術だと
思います。

これを観て、ご不快に感じる方がいたら、
本当に申し訳ない、
でも掲載させて下さい。
(2011年6月11日)
本来のテーマ、ブラック&ホワイト。

同じ書体、同じ白のガッシュ。
でも、紙を変え、台紙を変えたら
雰囲気が変わりますよ、というサンプル。

残念ながら、ネット用の写真では紙の質感が
表現し辛いですねー。

上から黒い紙は
マーメイド
タント紙
レザック

台紙は
玉しき、
和紙(名称忘れちゃいました<(_ _)>)
タント紙

”&”は書かずにくり抜いて、ぶら下げてみました。


フラクチャー体&ゴシック体
カードを作った際は出来れば封筒も一緒に作って頂きたいです。

B4の紙があれば、余裕持って封筒を作り易いです。

カードとお揃いの紙で封筒を作りたい方は、
事前にサイズ豊富に揃えて売っている紙を
お選び下さいませ。
一番上は、封筒の角を丸くカット、
真ん中は封筒の蓋部分をギザギザバサミでカット。

どこかほんのちょっとニュアンスを変えるだけで
全体の表情が変わります。

ぜひ色んな形の封筒を作ってみて下さい。
※ 大きめの紙が用意出来たら、
やっぱりまずカードから作成することをお勧めします。

カードサイズを最初にキッチリ決めてしまうと
字が書き辛くなるので。

本来の書体より、ほそ〜く書いてみました。
ローマ大文字体&小文字体
上記写真の裏側。
ある意味封筒です。
実際に送る際は、シールなどで止めて頂ければ。
上記写真の状態から、上下に紙を開くと、
卵が出てきま〜す!

下の”Kaito”君は生まれたて。
卵を左右に割ると、
ひよこkaitoクンが出てきます。
仕組みをバラすと、右写真の2枚を
互いに咬ませただけ。

お母さんへ贈る出産祝いカードは良くあるけど
(女性らしいというか、可愛いカードは)
これは、お父さんになった方へ
贈るカード。

こういうのがあっても良いですよね。

育メンになって欲しいですしね。


<2009年9月>

季節のカードと額装用小作品を作ってみました。。

小作品に関しては、カリグラフィー・テクニックをどうぞ!


前回(2008年8月で)サマーカードの際、
丸く刳りぬいた型紙をつくって、ステンシルみたいに
色をつける、というサンプルを作成しましたが、
その型紙効果にピンと来ない人も
いるようだったので、別バージョン。

月とお団子の部分が型紙を使用した部分です。

クリアの円形ではないので、
脱力系作品にお勧めです。

カッパープレート体
ミニ・秋のカードです。

余り紙で作りました。

上部のトンボはカリグラフィーペンで書いています。
ホントは夕焼けを書いたんですが、
写真では不明瞭で残念。

下のカードは3層になっています。

一番下は、枯葉を散らしています。
写真のように閉じた状態では2枚だけ見えるようにしました。

中断は”Autumn”のみ

上段はマーカータイプのペンで”秋”を書いています。
このように大きく長い飾り線を切れずに書きたい時は、
マーカーのほうが楽です。

特に今回は用紙がマーメードでしたので、
これが適していました。
紫ですが、紙と補色関係になるので濁ります。
イタリック体
ウイリアム・B・イェイツの詩をB4用額を想定して
作りました。

それほど複雑なことはしていないのですが、
簡単に手順をまとめました。

カリグラフィー・テクニックをどうぞ!

カッパープレート体、
ラスティック体、カロリンジャン体(当サイトには書き方は
載せていません。ハーフ・アンシャルが近い書体です)

子供の日用です!
本来横置きのほうが見易いのですが、
デザインを思いついた時は、このような
縦置きだったので
当初のイメージに合わせて掲載しました。


イタリック体

<2007年9月>

簡単ギルディングの復習です。

具体的な方法は以前からご紹介している
カリグラフィー・テクニックをご覧下さい。
出産祝いのカードです。
理想科学の箔ピタシリーズのふわピタを
ウサギの顔に使っています。

目はビーズで口はボールペンで書いています。
全体的にほわほわした印象を出してみました。

この箔ピタ糊、製造中止になったそうで非常に残念。

イタリック体
こちらはギルディング糊と色箔。

ローマン・キャピタル体
           ローマ小文字体
           カッパープレート体
箔ピタ糊と専用箔。
グリーン部分は先のサマーカードの一つに似ていますが
サマーカードはスパっタリング、
こちらは星物語と言うキラキラした紙に、
面相筆でドットを書き加えたもの。
ちょっと試しにどんなもんになるのか、やってみました。

ゴシック体

<番外編>
今年の夏休みに作成。

100円ショップで買ったコルクボード、
そして頂き物のカニ缶が入っていた木の箱。

これをかなり前から彩色したかったのです。
アクリル絵の具を使ったので手順は
カリグラフィー・テクニックに以前載せた方法です。

木の箱、こんな風に変身しました。
材料はアクリル絵の具類の他に、
100円ショップで買ったガラスのハート、
以前一日レッスンで使った材料の残りのタイル、
そしてタイル用目地材です。

中にはインク瓶類とと絵の具を入れています。
コルクボードはこんな感じ。

家具が全体的に茶系なので、雑貨類は色を明るく、
と今回ブルーとまっ黄色を選択したのですが、
まぁ、統一感はありませんな。

とても良い気晴らしにはなりました。

カリグラフィー・ネットワーク主催で行われた
デニス・ブラウン氏ワークショップを受講した時の作品。

ケルトの飾り文字の講習会で充実した内容でしたが、
作品をデザインして、トレースして、でいっぱいいっぱいで
家に帰って着色しました。

日程が合わなかったり抽選に外れたりで他の講習会は
受講できませんでしたが、ケルトの地元民(アイルランド)
の先生に日本で教えてもらえるとはありがたいもんです。


左の作品ですが、ペットのダックスフントに振り回されて
育児ノイローゼになりかけているうちの主人を表現して
みました。

Denis Brown Home Page

<2004年3月>
エンボスしてミニランプ!

カリグラフィーの応用の1つとしてエンボス加工
がありますが、その技法を生かしてのミニランプ、
そしておまけで春をイメージした祝い包みをつくってみました。

カリグラフィーを使ってヒト手間かけたプレゼントなど
お考えの方は、エンボスは役に立ちます。
女性の愛好者が圧倒的だったカリグラフィーも少しずつですが男性が
増えているようで、しかも熱心に取り組んで下さる方が多いので、
ホワイト・デイをイメージしてミニ・ランプにしてみました。

詳細はカリグラフィー・テクニックに載せていますが、100円グッズを
基本に(紙はちょっと特殊!)簡単に作れるものです。
東急ハンズなど、部品を売っているお店もありますから、
腕に覚えありの方は土台のランプも凝って見てください。

ちなみに”LOVE”などとつくるとちょっと怖い気がしたので
”DREAM”としてみました。
写真の撮り方が悪くて申し訳ないですが、肉眼ではもっと
はっきり字が浮き出て見えます。

セルティック大文字体
”祝”は平筆で書いています。
ガッシュのカドミウム・レッド・ディープをたっぷりつけて
書いてから、乾かないうちにゴールドの絵具を滲ませます。

バックの枝花はスピードボールですが、一応桃をイメージしています。
桃は花びらの先を尖らせ、梅は全体を平たく、桜はハート型に
と意識することで、この3種類はカリグラフィーペンで書き分けられます。

下の金文字はヴィトラーユ用のチューブで直接書いています。
書きにくいですが、立体的に書けるので楽しめます。

”祝”も”Congratulations”もイタリック体に十分慣れた方なら気軽に
チャレンジできます!



"the Load of the Rings"風カード
<2002年3月>
映画”ロード オブ ザ リング”をイメージしたカード。
どうも”指輪物語”と言った方が馴染みがあるなあ。

7,8世紀頃ヨーロッパ各国でメジャーだった書体をうまく応用してました。

映画のクレジットや古文書の書体は標準的なアンシャル体で、
ホビット族が使っている書体はアイルランド系の書体ぽかったです。

そして指輪に彫られた”炎が踊るような”書体はメロヴィング体系列の書体に
似ていますが、ここではハーフアンシャル体をアレンジしてみました。


カードの内容は旅立つ友へのメッセージです。
"If a thing is worth doing,it is worth doing well."
(する価値のあることにはベストを尽くせ)

紙の燃やし方はカリグラフィー・テクニックの”古地図をつくろう!”で
説明しています。


アンシャル体、ハーフアンシャル体
ハーフアンシャル体を元にはしていますが、当然アレンジしています。
例えば”n”は本来の形からカールした”n”に変えました。

”h”はこの書体特有のセリフを使わず、細い線で。ペン先の角度を書きながら
細くしていくとこんな感じで書けます。

映画で使われた字を見ていると、単語の1文字目には必ず3つの点がある
ので、(オバQの毛が3本みたいな)つけてあげましょう。

ハーフアンシャル体とフラクチャー体を経験済みの人は取りかかりやすいと
思います。

お祝いカードを作りましょう!<2002年2月>
春らしいお祝いカードをつくってみました。
文字はシンプルに、そのかわりレースとリボン飾りで可愛く
つくっちゃいました。男性向けではないですね。。。。

イタリック体
ちょっと写りが悪いですが、上のカードと同じレースと飾りを
使っています。
”baby”の部分は"graduation","success"等々贈る相手に
相当する単語を描いて下さい。

ブックハンド小文字体

<古地図> 00年10月
周囲を燃やして古い感じを出してます。
詳しい方法はこちらを

アンシャル体を使って仕事でお世話になっているブライダル・プロデュース会社の所在地を利用させてもらってますが、地図
そのものはとってもいい加減です。
中世の古地図っぽく単純なデザインにしてみました。

紙はシープスキン。ガッシュとインクを使ってますが、とっても書きにくかったです。表面がごわついて、かつ水を弾くので、極力
水を含ませないで書きました。その点ではお勧めできないです。
ペン先はC−0,C−2、C−5を使い分けてます。
ヴェラム(羊皮紙)調の紙を探したのですが、たまたまみつけられなかったです。あまり売ってないですね。
数年前、神田の文房堂にあったけど。

”MAP”の隙間に色を塗ったり周りにドットをうったりしてますが、アンシャル体のような丸みのある書体でよく使う装飾方法です。
アンシャル体

<しおり> 00年9月
読書の秋ということでしおりです。
これからの季節、贈り物に本を、という方も多いと思います。好きな言葉を書いたしおりを本に添えるのも良いかと。

ゴシック体ですが、ラテン語で書いてます。
"Vita brevis,ars longa"ギリシャのヒポクラテスの言葉をラテン語訳したものです(人生は短し、されと芸術は長し)。
英語では"Art is long,life is short"(学ぶべきことは多く人生は短い)と趣が変わります。
ゴシック体は2ミリ幅のペン先で、枠と花は色鉛筆、左端の日本語はロットリングペンの0.05ミリです。

色鉛筆は作品のメインには向きませんが、飾り等には味わいがでます。
ゴシック体

<2000年6月7日>

6月なんでウエディング用カードを一枚。
平筆でハート型リースとリボンをかきました。

"Happy Wedding"の部分はC−3のペンで書いてます。
イタリック体