カリグラフィー・テクニック TOPページ

カリグラフィー・パラダイス TOP MAIL カリグラフィー・パラダイス ロゴ

このページではご紹介テクニックで最新の内容を記載しています。

過去にご紹介したテクニックは下から古い順に並べていますのでご参照下さい。
カリグラフィー・テクニックを用いた作品はリトル・ギャラリーでご覧になれます。
履歴順ページ一覧が増えましたので、2011年7月よりテーマ別に少しずつ整理しています(WEB主)

技法別索引

◇基本色について
90.ゴールドの絵具+平筆 ついでにハート型ポチ袋
84.カラーチャートを作る
57.基本色に慣れる
◇消しゴムハンコにトライ
83.消しゴムハンコ彫り
52.消しゴムでスタンプ作り(蔵書票&ハンコ)
◇鉛筆の使い方
┌当ページ
77.鉛筆に慣れましょう
◇ペン&平筆の使い方
90.ゴールドの絵具+平筆 ついでにハート型ポチ袋
87.小さいペン先(ミッチェルラウンドハンド)
75.平筆に慣れてきたら
34.父への手紙 - 平筆とスパッタリングで模様作り
10.バースデイカードをつくる パート2(特殊なカリグラフィーペン)
1.平筆を使う(基本動作)
◇ギルディング(金箔貼りしてみましょう)
93.細密画もどき
91.ギルディング基礎 初級・中級・上級
78.2013年前半の応用
76.変種ギルディング
73.ギルディングの基本確認
62.文字をギルディング
14.もっと簡単ギルディング
6.ギルディング(金箔貼り)(基本動作)
◇スパッタリング(道具を使って絵の具を弾きます)
82.スパッタリングの基礎を踏まえて
81.スパッタリング超基礎編
65.1つの型紙で(エンボス、スパッタリング)
63.スパッタリングでサマーカード(応用Ⅱ)
39.マスキング・リキッド&スパッタリング(応用Ⅰ)
34.父への手紙 - 平筆とスパッタリングで模様作り
19.スパッタリングしましょう!(基本動作)
◇紙を折る
94.猫バッグ+α
90.ゴールドの絵具+平筆 ついでにハート型ポチ袋
89.お化けブーケ
85.かっぱサンキューポチ袋
80.オーナメント箱を折りましょう
79.ドラキュラマント
71.かぼちゃバッグを作りましょう!
66.箱をつくろう!
64.折り目をつけて袋を作る
61.折り目をつけてみましょう(簡単多角形にチャレンジ!)
◇ブック作り
68.簡単!ブック作り
◇エンボッシング(紙に凹凸をつける)
92.エンボッシング 苦手な人へ
78.2013年前半の応用
74.エンボスひと工夫
65.1つの型紙で(エンボス、スパッタリング)
58.ステンシル&エンボス
44.エンボスしてみましょう!
29.エンボスしてケルト風ランプを作りましょう!
◇大理石模様
67.アクリル絵具を使ってみよう!
18.大理石模様にチャレンジ!
◇アクリル絵具
88.アクセサリーとバッグ
86.アクリル絵具で夏物いろいろ
72.材料を組み合わせる
68.マニキュアを使う
67.アクリル絵具を使ってみよう!
33.額縁を簡単リメイク
32.メモホルダーを作る
◇カレンダー
70.万年カレンダー2
16.万年カレンダーをつくる
4.アドヴェント・カレンダーの作り方

履歴順ページ一覧


94.猫バッグ+α
93.細密画もどき
92.エンボッシング 苦手な人へ
91.ギルディング基礎 初級・中級・上級

90.ゴールドの絵具+平筆ついでにハート型ポチ袋
89.お化けブーケ
88.アクセサリーとバッグ
87.小さいペン先(ミッチェルラウンドハンド)
86.アクリル絵具で夏物いろいろ
85.かっぱサンキューポチ袋
84.カラーチャートを作る
83.消しゴムハンコ彫り
82.スパッタリングの基礎を踏まえて
81.スパッタリング超基礎編
80.オーナメント箱を折りましょう
79.ドラキュラマント
78.2013年前半の応用
77.鉛筆に慣れましょう
76.変種ギルディング
75.平筆に慣れてきたら
74.エンボスひと工夫
73.ギルディングの基本確認
72.材料を組み合わせる
71.かぼちゃバッグを作りましょう
70.万年カレンダー2
69.マニキュアを使う
68.簡単!ブック作り
67.アクリル絵具を使ってみよう!
66.箱をつくろう!
65.1つの型紙で(エンボス、スパッタリング)
64.折り目をつけて袋を作る

63.スパッタリングでサマーカード
62.文字をギルディング
61.折り目をつけてみましょう(簡単多角形にチャレンジ!)
60.ネタを活かすヒント
59.ホーム・パーティのペーパー・アイテム
58.ステンシル&エンボス
57.基本色に慣れる
56.ハート型考
55.ハロウィンの紋切型
54.小作品の作り方例
53.カード作りの作成手順 ~サマーカードの場合~
52.消しゴムでスタンプ作り(蔵書票&ハンコ)
51."Congratulations"考&セーラー服ポチ袋
50.義理チョコの作り方Ⅱ
49.背景作り実験
48.渦巻きカードの作り方
47.円形カードの作り方
46.義理チョコの作り方
45.身近な道具でサマーカード!
44.エンボスしてみましょう!   
43.花輪の描き方 母の日に花のカードを
42.封筒の作り方(手紙を出そう!)
41.ヴァレンタイン愛を包みます!
40.羽マスクがクリスマス・カードに!
39.マスキング・リキッド&スパッタリング
38.お座布団カードの作り方
37.カード in カードの作り方
36.ビクトリア調カードの作り方
35.アジサイの描き方 C-2で描いてみよう!
34.父への手紙 - 平筆とスパッタリングで模様作り
33.額縁を簡単リメイク
32.メモホルダーを作る
31.ラメのりでキラ★キラ☆カード!
30.ケルト風バースデイカードをつくりましょう!
29.エンボスしてケルト風ランプを作りましょう!
28.ケルトとクイリングでヴァレンタイン!
27.カリグラフィーでナチュラル・クリスマスリース
26.クモの巣ハロウィンカード!
25.カッパープレート体で大きめ作品
24.クルクルクイリング!(ペーパークイリング)
23.ゴシック体で大きめ作品
22.アンシャル体で大きめ作品
21.イタリック体で大きめ作品
20.便利文具で年賀状!
19.スパッタリングしましょう!
18.大理石模様にチャレンジ!
17.カッパープレートペンで描く模様
16.万年カレンダーをつくる
15.マスキングフィルムとリキッドを使う
14.もっと簡単ギルディング
13.クリスマスリースのリボンをつくる
12.ステンドグラス風カード
11.ハロウィンカードをつくる(コウモリ型カード)
10.バースデイカードをつくる パート2
     (特殊なカリグラフィーペン)

9.バースデイカードをつくる パート1
     (カードづくりのヒント&グラデーション、袋文字)

8.マスキングテープを使う
7.レースペーパーでステンシル
6.ギルディング(金箔貼り)
5.マーカーペンで書くクリスマス・カード
4.アドヴェント・カレンダーの作り方
3.古地図をつくろう!

2.マスキング・リキッドの使い方
1.平筆を使う

最新テクニック

<loveでガイドライン引き練習!> 2016年1月

現在(2016年1月)、イタリック体練習中の生徒さんが数名お教室にいらっしゃいます。

なのでカードづくりの基礎をお教えしたい、と思う反面古い生徒さんはガイドラインが濃すぎて、
口頭の注意だけでは中々直らないことが分かってきました。

なので全生徒さん必修で下記の同じことをしてもらい、
ガイドラインの引き方については二度と説明しない意気込みです。
(黄色の紙は実際にレッスンで説明したもの)

関心ある方は練習してみてください。

リトル・ギャラリーも観て下さい!
【ガイドライン引き練習方法】

まずガイドライン引きに使う鉛筆選びについてです。

慣れている方はご自分で使いやすい筆記具で構いません。
2H、H,B,2Bなどの鉛筆やシャープペンシル、あるいは時間が経つと消えるペン。

77.鉛筆に慣れましょうでは”鉛筆”と言っても幅広い表現があるとお話しました。

しか~し、これからガイドライン引きを練習してみようとしている方はHBの鉛筆を使ってください。

HBは持っている人が多いこと、またHBの前後の硬さの鉛筆は筆圧のコントロールが出来ないと
硬い芯は不必要に紙を傷つけ、濃い芯は粉が線を引いてる間に出やすくなります。
商品別の品質の違いが目立ちません。
(と言っても三菱鉛筆のuni,hi-uniがお勧めです)

硬すぎず、濃すぎずがHBです。
お手持ちの鉛筆削りかナイフで先をビンビンに尖らせてください。

さらにティッシュか柔らかい布で鉛筆の先を拭ってください。
芯や木軸の粉を取ります。

このビンビンに尖らす、が可能なのが鉛筆です。


ガイドラインを引きたい位置を紙の片側にちょんちょんと鉛筆で点を打ったらいよいよ
ガイドライン引きです。

横置きの紙を縦にし、下側に長めの定規を置きます。
直角になるように三角定規をしっかり当てます。

そして最大のポイントは鉛筆の持ち方です。
鉛筆の長さに関係なく、必ず上のほうを親指と人差し指で持ってください。

こうすると否が応でも指先に力が入りません。


下から上に向かって三角定規の淵に沿ってふわっと線を引いてください。
三角定規は左手でしっかり押さえてください。

大きな三角定規がない方は紙の反対側にも鉛筆で点を打ってください。
ただ少しでも動作を減らしてガイドライン引きに集中するには上記がお勧めです。


ガイドライン引き終わりました。
写真で薄い線を肉眼に近づけてお見せするのは難しいのですが、
写真の通り見えるか見えないかくらいが理想です。

このくらいの線の薄さは真っ白い紙からイエロー、オレンジ、黄緑、薄茶など
少し色がついた紙では使ってほしいです。

この時点でうまく引けない方はノートの罫線や方眼紙などのラインを定規で当てて
上記の鉛筆の持ち方で線を引く練習をしてください。

このようなすでに印刷してある線を定規でなぞるだけでも
ずれてしまう方を良くみかけます。

ここではXハイトの測り方は基本中の基本なので省きますが、
これも苦手な方が多いです。

何故いやいやでも書体練習するのか、それはベストの文字の高さで
キレイに書きたいからです。
無地の紙の上でも同じことです。



上の説明で引いた2本のガイドラインにイタリック体で”love”と書きました。
この文字に絡める2つのハートのガイドラインを書いています。

見えるでしょうか?ガイドライン引きと同じ鉛筆の持ち方で
ゆっくりそっと書いて下さい。



ガイドラインに沿ってペンでハート2つを書き加えましょう。

このような模様、ローマ大文字体・ヴァーサルなどは鉛筆でアウトラインを書いておくと
キレイに書けるようになるのですがこれまたそうお話しても中々やってもらえないことです。

慣れないとやはりアウトラインの位置と実際のペンの位置がずれてしまいます。
でもこれは繰り返すことで慣れていきます。



折角なので同じデザインの”love”を4つ書き、基本的なミニカードづくりに展開しました。
詳細はリトル・ギャラリーへ!

【鉛筆の使い方応用】

上記は先に説明した鉛筆の持ち方と同じにしてガイドラインを引いています。


ガイドラインを消さずに大きなハートを鉛筆で描き、濃淡をつけていきます。
写真は鉛筆の持ち方=力の入れ具合を変えずに縦方向、横方向に枠を塗りつぶした状態です。


何をしたいかというと徹底的に鉛筆の先に力を入れない訓練をしたいからです。
くどいですが、持ち方を変えず縦方向、横方向、あるいは左上から右上からと塗り潰す方向を
少しずつ変えて濃くしたいところを濃くしていきます。


出来上がり状態です。
仕上げの最後のほうでアウトラインの淵を少し力を入れた状態でなぞると
メリハリを出したいところがしっかり表現出来ます。

リラックスしてガイドラインが引けるようになったでしょうか?
出来なくても大丈夫、練習あるのみ!