カリグラフィー・パラダイス       TOP MAIL

練習しましょう
Part.5
イタリック体 小文字のバリエーション

ここに載せた形以外でも色々なバリエーションはありますが、よく使う代表的なものを載せます。


e,r variation 最初にご紹介するのは、単語の最後尾のアルファベットで使うバリエーションです。
左の”e”、”r”共に、通常の書き順の終点からそのままペン先を紙から離さずに一
気に右に流します。

長さは作品のバランスにより、かなり変わるので、練習時はまずは自分が書きやす
い長さでバリエーションをつけてみるとよいと思います。
s,k variation ”s”と”k”のバリエーションです。どちらも通常の形を少し大げさにした感じです。

”s”の下に向かって細く丸くなるラインはペン先の左側だけを紙につけて出します。

”k”は逆にペン先の右側だけをつけて書きます。

最初はきれいにラインが出せないかもしれませんが、ゆっくり何度か書いていると
慣れてきます。


g flourish これは”g”のバリエーションですが、”y”でもよく用いる形です。

”g”の始点から終点までペンを紙から離したり、止めたりせずに一気に書い
てみて下さい。


g variation ついでに”g”の形違いをひとつご紹介します。

g variation stroke 書き順1 ”o”の書き順1をXハイト3分の2のサイズで書きます。

書き順2 ”o”の書き順2をXハイト3分の2のサイズでカーブを描き、
      そのまま下に向かって右に膨らましながらペンを降ろします。
      この時、右に膨らまし過ぎないように1.の始点と2.の終点
      がほぼ縦に揃うようにして下さい。

書き順3 ペン先45度で左に膨らみながら書き順2の終点に付けます。

書き順4 最後に右上に細くヒゲをつけて完成です。


l flourish 次に”l”(エル)のバリエーションです。
”b”、”d”、”h”、”k”でも用います。

書き順1 ペン先45度に沿った細いラインを少し作ってから通常の”l”と同じように
      文字の傾斜にそってペンを降ろします。

書き順2 書き順1の始点に繋げて”∽”の形を一気に作ります。


flourish stroke アッセンダー、ディッセンダーのバリエーションですが、一気に
書くのが難しい時(幅の広いペン先や平筆を用いる時など)は左のように
数回に分けて書いてみて下さい。

やはり一番のポイントはペン先の角度を常に一定に保つことです。
少しでも角度が変わるときれいにつながらないです。

ちなみにこのような文字を華やかにする書き方をフローリッシュ(flourish:
飾り書き)とも呼びます。



tt 続いて連続した小文字の処理の方法をいくつかご紹介します。

”t”が並んだ時は左のように繋げた方が読みやすい時があります。

まず、通常の”t”の書き順1を二つ並べます。
それから横線を長く引きます。
ff ft ”tt”と同じ要領で”ff”、”ft”をまとめて書くことがあります。
ll ”ll”(エルエル)もバリエーションがいくつかありますが、2種類
ご紹介します。

ご覧の通り、左の”l”は通常の長さ、右の”l”はそれより長めに書くことで逆に
まとまりを出しています。

この”ll”に限らず、2つの文字の字間をどの程度つくるかは単語全体によって
も変わってきますが、練習時はあえてくっつきすぎないようにした方がためにな
るようです。
pp ”happy”でよく使う方法です。
左の”p”は通常通りですが、右の”p”はディッセンダーの下まできたら
右斜めにラインを引きます。
この時、ペン先は45度のままですから、角度に沿った細いラインができます。


congratulations hapy birthday
 ご紹介したバリエーションを利用してみました。

”congratulations”(おめでとう!)は一年中使いますが、春先から合格、卒業、入学、入社などなど一気に利用
度が増すので、暇暇に練習した方がいい単語の1つです。
単語としてはとても長いので、慣れないと紙からはみ出したりします。

”happy birthday”はもっともよく使う言葉の1つですし、バリエーションのしがいもあります。