カリグラフィー・パラダイス       TOP MAIL

カッパープレート体 説明
基本練習1〜5
基本練習6〜8 & 小文字練習(i,t,u,w)
小文字練習(m,n,r,v) & 綴り方1
小文字練習(o,a,c,e,x,r,s) & 綴り方2
小文字練習(p,g,j,y,z,q,l,b,h,k,f,d) & 綴り方3
大文字練習(A,B,C,D) & 綴り方
大文字練習(E,F,G,H,I,J,K,L) & 綴り方
大文字練習(M,N,O,P,Q,R,S,T,U,V,W,X,Y,Z) & 綴り方
大文字アレンジ&数字

大文字の練習
前々ページで説明済みですが、改めて。。
”N”です。

書き順1 ”M”の書き順1と同じです。

書き順2 太い線で右下に降りるところから始まります。
      途中までは”M”の書き順2と同じと思って下さい。
      ※ 最後、ベースラインからアッセンダーを突き抜けて上がるところが最初は
      難しいです。傾斜にそらなくてはいけないし、ガタガタしがちです。
      ですが、他の大文字でも出てくる動きですので、必ず下から上へ書いて下さい。
      終点で、クルクルです。
”O”です。一気に書きます。

外側から内側へ一巻きします。楕円の頂点と底辺が傾斜に沿うように書きます。
青線参照)。
”P”です。

書き順1 ”B”などで慣れましたね!

書き順2 ”B”の書き順2の途中までと思って下さい。
”Q”です。数字の”2”のようですが。
一気に書きます。


”R”です。

書き順1 ”P”の書き順1と同じです。

書き順2 途中までは”P”と同じですが、ウエストラインのところで、小さい楕円を描き、後半      に入ります。
      ※ この楕円はホントに小さくて、つぶれた形です。ここで、手首の角度を変えると
      Xハイト内の太い線がうまく出ないので、注意が必要です。
”S”です。ラストの渦まで一気に書きます。

書き出し、上から下への斜線は傾斜角度よりさらに倒した角度で入ります
(左図参照)。アッセンダーを登り切ったら、鋭く角を作り、内側に向かって渦を作ります。

※ 基本練習で苦労した渦渦がまさに生かされる形です。
アッセンダーラインから右に膨らみながら降りる時、膨らみが足りないと渦が入り切らなくなり、膨らみすぎてもまとまりがなくなります。
”T”です。

”F”の書き順1・2と同じです。
1つ注意すべき点は、この”T”だけ見ていると、”J”に見られやすいので、
書き順2の途中は水平になるよう、心がけて”T”らしさをだして下さい。
”U”です。
途中でペンを離さずに一気に書くこともできますが、ここでは分けてみました。

書き順1 上半分を使って楕円を描きます。そのまま傾斜に沿った太い線を降ろし、
      細い線で底を描きます。
      ※ ”V”と形をはっきり分けるためにも、底の形は丸みをつけます。
       ペンコントロールが出来ないと鋭角になるときがあります。

書き順2 アッセンダーラインから傾斜に沿って太い線を降ろします。
      最後は、丸みのある底を細いラインで書いて下さい。
”V”です。一気に書きます。

書き出しは基本練習のようにペンを動かし、右下に向かって太い線を降ろします。
底は”▽”に、そのまま細い線でアッセンダー域を突き抜けてクルクルで止めます。

※ 下から上への細い線は、距離が長いのと、ほぼ傾斜角度に沿うように書くので、最初は
難しいです。この線だけ練習してみると、下の”W”も楽になります。
”W”です。これまた一気に書けます。

前半は”V”と同じ、後半もう1つ”V”を書きます。

※ 途中でインクが足りなくなったり、ペンを止めたくなったらが休憩ポイントです。
   無理に一気に書くことより、2つの”V”が同じ大きさ・角度になるように意識して下さい。
”X”です。

書き順1 右に傾いた大きな楕円を書くつもりでペンを動かします。
      終点はクルクル。

書き順2 反対側から楕円を描きます。今度は始点がクルクルです。

書き順3 水平線を引きます。
      ※ ウエストライン上に線を引いてよいのですが、見やすくするため
      少し上で書いています。

※ 書き順1・2とも、それぞれの始点・終点が離れすぎるとバランスが悪いです。
   また、インクの量が多すぎると、太い線同士が重なった部分がにじんだり、紙が
   傷むので、若干注意が必要です。
 
”Y”です。”U”同様、2回に分けてかいても問題ありません。

途中までは”U”を3分の2サイズに書きます。
最後、ベースラインまで降りる太い線でせっかく書いた丸い底を塗るつぶさないよう、
気をつけます。
終点はクルクルです。
”Z”です。

書き順1 書き出しで緩い波を絵が来てから、柔らかい斜線を降ろします。
      ベースライン上で平たい楕円を描き、細い線だけで底を書きます。

書き順2 真ん中で水平線を引きます。


このページで説明した大文字を使った単語の綴りを載せています。

今回はウエディング関係の単語中心に書いてみました。
”Quatrefoil”は四つ葉という意味ですが、一般的に書きにくい
アルファベットが複数含まれているので、良い練習になると思います。