カリグラフィー・パラダイス       TOP MAIL

カッパープレート体 説明
基本練習1〜5
基本練習6〜8 & 小文字練習(i,t,u,w)
小文字練習(m,n,r,v) & 綴り方1
小文字練習(o,a,c,e,x,r,s) & 綴り方2
小文字練習(p,g,j,y,z,q,l,b,h,k,f,d) & 綴り方3
大文字練習(A,B,C,D) & 綴り方
大文字練習(E,F,G,H,I,J,K,L) & 綴り方
大文字練習(M,N,O,P,Q,R,S,T,U,V,W,X,Y,Z) & 綴り方
大文字アレンジ&数字

カッパープレート体は文字に様々なアレンジを加える楽しみがある書体の1つです。

母体となったイタリック体はあくまで読みやすさが大切ですが、カッパープレート体は
多少読みづらくても華やかさを重視します。

下に大文字のアレンジを幾つかご紹介しますが、こうでなくてはいけない、という制限は
ないので、ご自分で色々デザインしてみましょう。

大文字の練習
 よく使うアレンジで、クルッと1回転する形を集めてみました。
どうしてもペンの動きが途中で止まってしまう人は少しずつ線を繋げて紙の方向をかえてみてもいいです。

 無理に書いてガクガクしちゃうより綺麗に仕上がります。

 いずれも書き順は基本の形と同じですが、数点ポイントを。

1. 上記の”R”は一気に書き上げます。グルッと上部を囲む大きなカーブが特徴ですが、この部分も
  古くから存在するポピュラーな形です。
   オランダの画家、レンブラント・ファンレイン(1606〜1669)の署名(ごく初期を除く)にも使われ
  ています。

2. この”T”は書き順2が特徴です。書き順1の始点に合わせて右から左へ頭を描きます。

3. ”M””W”の真ん中でみられる細い楕円は華やかさを増すためによく使う手です。
   ”W”は左から右に向かって一気に書きます。

下に数字と”&”を並べましたが、アルファベットを充分練習している場合は特に説明する事はないです。

おそらく図を載せなくても下記のような形に手が動くと思います。

1つ気をつけていただきたいのは、数字となると、うっかり傾斜角度を忘れがちなので、
練習時は必ず意識して下さい。

数字